NEW

JRA宝塚記念(G1)ブラストワンピース×川田将雅コンビ継続! 近年稀に見る好メンバー揃うも巻き返しの余地あり

【この記事のキーワード】

, ,

 6月28日に行われる春のグランプリ・宝塚記念(G1)にブラストワンピース(牡5、美浦・大竹正博厩舎)が参戦する。同馬が所属するシルクホースクラブのHPで川田将雅騎手に依頼したことが発表された。

 ブラストワンピースは3番人気に支持された前走の大阪杯(G1)を7着に敗れたが、同レースは前半1000mが60秒4、後半が58秒と、前後半で2秒以上の落差があったような超スローペースだった。3着以内が先行した馬ばかりで決まったように、後方から外を回した同馬には展開も向かなかったといえる。

 ただ、気になるのは近走で、前半の出脚がつかなくなっていることだろう。大阪杯はスローペースだったにもかかわらず、川田騎手が促しても前に進んで行かず、位置取りが悪くなる一方だった。3、4コーナーにかけて外からまくったものの、3番手まで追い上げたところで力尽きた。

 騎乗した川田騎手は「ポジションを取りに行きたかったのですが、周りの方が速くて……」と前半で置かれたことを認め、ブラストワンピースを管理する大竹正博調教師も「一番嫌なパターンになりました。去年と同じ形でした。状態の問題ではないと思います」といずれも見解は一致した。

 先行策を取れたAJCC(G2)はこれよりもさらに遅いラップだったことから、現在のブラストワンピースは時計の掛かる馬場が好走条件となりそうだ。

「能力を発揮できなかった凱旋門賞(G1)は度外視できるとして、札幌記念(G2)とAJCCの川田騎手は好騎乗でした。ここまでコンビで4戦2勝と結果を出しているようにブラストワンピースとの相性はよさそうです。

 大阪杯は結果的に“行った行った”で決まったレースです。時計の出やすい軽い馬場に加え、距離も短かったといえます。その点、宝塚記念は開催も進んで時計も掛かる馬場になる傾向が強いだけに、距離が1ハロン延びることも好材料ではないでしょうか」(競馬記者)

 振り返ればブラストワンピースの初G1制覇となったのは、暮れの有馬記念(G1)の舞台だった。開催が進んで時計を要する馬場になりやすい時期に行われる宝塚記念なら好走条件に合いそうだ。

 同レースの開催は来月28日だ。川田騎手は18年のスプリンターズS(G1)をファインニードルで制して以来、芝G1を連敗中である。

 まだ1ヶ月以上も先の話となるが、それまでに連敗から脱出できているか。それともブラストワンピースで久々の芝G1勝利を手に入れることができるか。

JRA宝塚記念(G1)ブラストワンピース×川田将雅コンビ継続! 近年稀に見る好メンバー揃うも巻き返しの余地ありのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!