NEW

現代パチンコの「根幹」を作り上げた「教科書」的な一台!【偉大なる初代を特集】

【この記事のキーワード】

, ,

現代パチンコの「根幹」を作り上げた「教科書」的な一台!【偉大なる初代を特集】の画像1

 飛行機がビルの中腹に突き刺さっていった。黒煙を上げ続ける高層ビルが映し出されるTVを見ながら誰もいない深夜の編集部で、私は純粋ってなんだろうとぼんやり考えていた。

 2001年は小泉純一郎による構造改革が始まったり、バトル・ロワイアルがベストセラーになったり、初代「iPod」が発売されたりした年である。

 パチンコ界でいえば、この2001年はエポックメーキングな機種が登場した重要な年となる。『CR天才バカボンV』。今の時代まで続く液晶演出の礎を築いた革命的マシンで、記録的な大ヒットを収めた偉大な名機として多くのファンが知るところである。

 スペックはこの時代における至極標準的なもの。大当り確率が1/315.5、確変突入率50%、次回まで継続といまなら見向きもされないような内容となっている。

 では、何がそんなにパチンコファンを惹きつけたのか。それは演出の革新性である。この『CR天才バカボンV』にパチンコの未来を感じたのである。それを端的に表したのが「ステップアップ予告」となる。

 ステップアップ予告は、ウナギイヌ、本官さん、レレレのおじさん、バカボンのパパ、バカボンと演出が5つの段階に分かれ、キャラが登場するほど期待度がアップする仕組みとなっている。

 いまでは当り前すぎて説明などいらないこの予告アクションは、短いスパンで次々とキャラが登場してくるテンポの良さとそれに合わせて信頼度もアップしていく高揚感が非常に気持ちいい。爽快なドタバタコメディーを見ているようである。

 また、ステップ1で登場するウナギイヌの色が白いと激アツになる工夫も秀逸で、突発性がもたらす驚きが100%の濃度で喜びに変換される際の鼓動の高鳴りは別格なのである。

 ほかにも、ステップ4のバカボンのパパ登場時に先に出ていたレレレのおじさんとぶつかると高期待度となる「マルチ4チャンネルリーチ」に発展するイレギュラーパターンも用意されていた。

 こうして、さまざまなポイントに規則性を逸脱する要素を加えることで日常性の打破、つまりマンネリ化を解消する手立てとなり、さらに例外を大当りに近い位置におくことで常に期待感を損なわないような構造を作り出したのである。

現代パチンコの「根幹」を作り上げた「教科書」的な一台!【偉大なる初代を特集】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!