NEW

JRAオークスも荒れる! デアリングタクト大敗のシナリオ完成? 大手馬主グループの刺客3頭を緊急公開!

【この記事のキーワード】

, ,

オークスの勝負で競馬の勝ち組へ

 先週のヴィクトリアマイルはアーモンドアイが圧勝、まさに史上最強牝馬の名に相応しい見事な勝利であった。しかし2番人気馬と3番人気馬が大敗しており、多くのファンにとって意外に難しいレースだったかもしれない。そして今週行われるオークスは、ヴィクトリアマイル以上に難解な一戦だ。

 桜花賞馬デアリングタクトに断然の注目が集まっているが、同馬に関する不安は多い。軽く挙げただけでも、初の関東遠征、初の左回り、初の2400m、桜花賞激走の後遺症、さらに鞍上の松山騎手は12年のキャリアがあるが、東京コースで重賞レースを勝利したことがないというのも気になる要素だ。

 そしてデアリングタクトに勝たれてなるものかと、同馬の勝利を阻もうとする勢力も渾身の仕上げでレースに挑むはず。というのもオークスは、過去6年連続で社台グループの生産馬が勝利しており、社台グループにとって重要な勝負レース。今年は桜花賞と皐月賞の二大3歳G1レースを社台グループ以外の馬が勝利したこと、そして来週の日本ダービーには社台グループの生産馬ではないコントレイルがいるだけに、このオークスにかける意気込みは相当なものと思われる。

3歳牝馬戦線は混戦模様

 そんな社台グループがオークスに出走させる馬の中から、デアリングタクトへの刺客というべき注目の3頭を紹介しよう。

 まずデゼルだ。同馬は社台ファームの生産馬でディープインパクト産駒の良血馬。デビュー戦も2戦目も圧勝しており、特に前走のスイートピーステークスは、直線で上がり32秒5の猛烈な追い込みを決め、12頭をごぼう抜きにして圧勝。デビュー戦で騎乗した武豊騎手も、前走のレーン騎手も、口を揃えて素質の高さを評価しており注目の一頭である。

 次にフローラステークス2着のホウオウピースフルだ。同馬は有馬記念を勝ったブラストワンピースの妹で、ノーザンファームの生産馬。距離延長はもちろんプラスで、東京コースでも3戦しており経験豊富。前走の内容からも侮れない。

 最後に武豊に乗り替わりとなったミヤマザクラ。東京で行われた重賞のクイーンカップを勝利した他、2000mで1勝、2000mの重賞で牡馬相手に2着と実績も十分。この乗り替わりはノーザンファームの勝負気配が溢れており、ファンやマスコミの注目度も高く人気を集めている。

 この他にも社台グループ関連の出走馬はおり、デアリングタクト大敗のシナリオがすでに完成しているかもしれない。果たしてデアリングタクトはオークスを勝てるのか。さらにレースの裏側を知るために、競馬情報のプロフェッショナル集団である「ワールド」にその話を聞いた。

 設立20年の歴史を持つワールドは、二冠馬サニーブライアンの主戦騎手であったダービージョッキーの大西直宏氏や、騎手としてオークス3連覇の偉業を成し遂げた嶋田功氏など、競馬界の重鎮OBをはじめ、総勢100名を超える厩舎関係者や現役騎手と密接な関係にある情報筋が所属。そのスタッフが入手した競馬関係者の本音や特別な競馬情報は、まさに門外不出の究極情報だ。そんな価値のある情報を、惜しげもなく競馬ファンに向けて公開している。

 競走馬の状態の良し悪しのみならず、騎手・厩舎関係者・馬主・生産者、そして現在の競馬で無くてはならないトレセン近郊の育成牧場からの情報など、ありとあらゆるルートから情報を入手。その情報件数は、トレーニングセンターでしか取材を行っておらず、しかもコロナウイルスの感染防止で取材規制を受けているマスコミとは天と地ほどの差もあり、比較にならない。

サニーブライアンで日本ダービーを制した大西元JRA騎手

 それを証明するかのように、先週もヴィクトリアマイルは本命アーモンドアイ対抗サウンドキアラがワンツーフィニッシュ。3着ノームコアの激走情報も掴んでおり、馬連・3連複・3連単すべての馬券を完全的中させている。さらに新潟メインレースや京都の特別戦などで万馬券を連発。その勢いは尋常ではない。そんなワールドはオークスについて以下のように見解を語っている。

「このオークス、結論から言えば情報的に狙う馬券は、デアリングタクトとデゼルではありません。マスコミはこの2頭の対決で盛り上がっていますが、我々だけが掴んだ確信の本命馬、そして激走が見込める究極の穴馬、この2頭の組み合わせは配当妙味という意味でも絶対に買っておくべき馬券です。

 さすがに現時点で名前を公表することは、マスコミに記事にされてしまうので不可能です。しかし、レース当日であれば、マスコミが記事にすることはできないので、オッズが下がる心配もありません。そこでレース当日の今週日曜日、我々が自信をもって提供する『本命と穴馬の馬連1点勝負』を、競馬ファンへ向けて『完全無料で公開』します。

 オークスは過去10年で7度的中させていますし、今年の牝馬クラシック戦線も阪神ジュベナイルフィリーズ、チューリップ賞、アネモネステークス、桜花賞、忘れな草賞でも万馬券を的中させてきました。

 先週のヴィクトリアマイルも会心の的中ですし、まさに情報と結果が噛み合っている状態です。ぜひ今週のオークスは、ワールドが提供する本物の1点勝負情報を参考にしてください

 この解説からも、今週のオークスは人気通りに決着しない、意外な結末となりそうだ。しかし一般競馬ファンが独自にその答えに辿り着くのは難しい。やはりワールドのような、本物の関係者だけが知る情報を活用することが、競馬の勝ち組となる最短距離なのだろう。

 このワールドは昨年の日本ダービーでも、単勝93.1倍(12番人気)の勝ち馬ロジャーバローズを大抜擢して馬連1万1200円、3連複1万2050円の万馬券を的中。その実績から、来週に迫った日本ダービーに向けても、彼らの情報力が大いに期待できるはずだ。というのもワールドは、今週のオークスだけでなく、来週の日本ダービー、そして安田記念、宝塚記念まで春のG1レース情報をすべて特別に無料で公開するというのである。後半戦に突入した春のG1シリーズで勝ち抜くためにも、ワールドの情報をしっかり使いこなしていこう。
CLICK→【無料公開!オークス馬連1点・本命と穴馬】ワールド

※本稿はPR記事です。

JRAオークスも荒れる! デアリングタクト大敗のシナリオ完成? 大手馬主グループの刺客3頭を緊急公開!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!