NEW

JRAオークス(G1)デゼル「全妹」に姉以上の声!? 友道調教師「こちらの方が素軽さを感じる」仏二冠馬から2年連続の超大物?

【この記事のキーワード】, , ,
JRAオークス(G1)デゼル「全妹」に姉以上の声!? 友道調教師「こちらの方が素軽さを感じる」仏無敗二冠馬から2年連続の超大物?の画像1
デゼル JBISサーチより

 24日に東京競馬場で行われる牝馬クラシック第2戦・オークス(G1)。第1戦の桜花賞(G1)をデアリングタクトが圧勝した際は、今年の牝馬三冠は「1強」と思われたが、そこに待ったを掛ける存在が現れた。

 トライアルのスイートピーS(L)を上がり3ハロン32.5秒という“鬼脚”で完勝した、デゼル(牝3歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 この2戦2勝の無敗馬が打倒デアリングタクトの最有力に挙げられている理由は、直線だけでライバルを撫で斬ったスイートピーSの内容だけではない。その母アヴニールセルタンが、フランスの無敗の二冠馬という血統背景があることも非常に大きな後押しとなっている。

 デビューから5連勝で日本の桜花賞にあたる仏1000ギニー(G1)と、仏オークス(G1)を制したアヴニールセルタン。特に仏オークスの勝ち時計は、前年のレコードを叩き出したトレヴに次ぐ好タイムということもあり、秋の凱旋門賞(G1)では2番人気に支持された。日本からゴールドシップやジャスタウェイ、ハープスターが参戦したことから、その名が記憶に残っているファンもいるかもしれない。

 残念ながら、凱旋門賞では大敗を喫したアヴニールセルタンだが、その後に社台ファームの代表・吉田照哉氏が購入。そのまま引退して日本へ渡って繁殖生活を送り、第1仔がデゼルである。

「実は、アヴニールセルタンは昨年4月に8歳という若さで亡くなっています。父ディープインパクトも昨夏に他界していますし、生産した社台ファームのデゼルに懸ける気持ちは強いでしょうね」(競馬記者)

 ただ記者曰く、そんなデゼルの1つ下の全妹が「姉以上の大物」になる可能性があるというから驚きだ。

JRAオークス(G1)デゼル「全妹」に姉以上の声!? 友道調教師「こちらの方が素軽さを感じる」仏二冠馬から2年連続の超大物?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  5. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  8. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?