NEW

JRA絶対王者ノーザンファーム「14年ぶり」大失態の危機!? デアリングタクト、コントレイル大躍進で3歳G1全敗も……

JRA絶対王者ノーザンファーム「14年ぶり」大失態の危機!? デアリングタクト、コントレイル大躍進で3歳G1全敗も……の画像1

 今年のノーザンファームは例年になく、3歳G1レースで苦戦している。

 2014年以降、ノーザンファーム生産馬が桜花賞・皐月賞・NHKマイルCのいずれも勝てなかったことはなく、2019年は7つある3歳G1レースのうち6つを勝利したほどだ。それが今年は、桜花賞・皐月賞・NHKマイルCのいずれも2着が最高、非ノーザンファーム生産馬が勝利しているのだ。

 さらに秋の秋華賞と菊花賞を加えると、ノーザンファームは2007年以降必ず勝ち馬を輩出しており、仮にデアリングタクトコントレイルがそれぞれ三冠を達成するようであれば、ノーザンファームの3歳G1レース全敗を意味するものとなってしまう。

 1994年に創業したノーザンファームは、もともと存在していた社台ファーム早来が、設立した吉田善哉氏が死去したことで名称を変更して誕生した。つまりまったくゼロからのスタートではなかったのである。

 特に社台ファーム早来の繁殖牝馬を引き継いだことが大きく、アドマイヤベガの母ベガや、アドマイヤグルーヴの母エアグルーヴは社台ファーム早来で生産、さらに輸入繁殖牝馬でフサイチコンコルドの母バレークイーンも、分割によってノーザンファームが引き継いだ馬であった。その生産馬が初めて3歳G1レースを勝利したのは、1999年の日本ダービー(アドマイヤベガ)。その後の活躍は周知のとおりで、下記のような圧倒的な実績を記録している。


 ■ノーザンファームの3歳G1勝利一覧

 2019 桜花賞、皐月賞、NHKマイルC、オークス、秋華賞、菊花賞
 2018 桜花賞、オークス、日本ダービー、秋華賞、菊花賞
 2017 皐月賞、NHKマイルC、日本ダービー、秋華賞
 2016 NHKマイルC、オークス、日本ダービー、秋華賞、菊花賞
 2015 皐月賞、オークス、日本ダービー、秋華賞
 2014 桜花賞、NHKマイルC
 2013 菊花賞
 2012 桜花賞、NHKマイルC、オークス、秋華賞
 2011 NHKマイルC、秋華賞
 2010 桜花賞、オークス、秋華賞
 2009 桜花賞、皐月賞、オークス、日本ダービー
 2008 オークス、秋華賞、菊花賞
 2007 皐月賞
 2006 なし
 2005 桜花賞、皐月賞、NHKマイルC、オークス、日本ダービー、菊花賞
 2004 NHKマイルC、日本ダービー、菊花賞
 2003 なし
 2002 なし
 2001 日本ダービー
 2000 なし
 1999 日本ダービー


 ここまで桜花賞7勝、皐月賞6勝、NHKマイルカップ8勝、オークス9勝、日本ダービー9勝、秋華賞9勝、菊花賞7勝で3歳G1レースだけで合計55勝。

 2005年にはディープインパクトがクラシック三冠を達成し、2010年アパパネ、2012年ジェンティルドンナ、2018年にはアーモンドアイが牝馬三冠を成し遂げた。オークスは通算9勝、日本ダービーも通算9勝、今年オークスと日本ダービーを勝てば、ともに前人未到の10勝に到達する(ちなみに秋華賞も9勝)。

 しかしオークスはデアリングタクト、日本ダービーはコントレイルといった大きな壁が立ちはだかっている。

JRA絶対王者ノーザンファーム「14年ぶり」大失態の危機!? デアリングタクト、コントレイル大躍進で3歳G1全敗も……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!