NEW

パチンコ漫画「連ちゃんパパ」が話題沸騰… その「内容」と「背景」に迫る

【この記事のキーワード】

, ,


 2020年5月、パチンコ漫画「連ちゃんパパ」がSNSを中心に大きな話題となっている。

 同漫画は1994年〜 1997年にかけて「パチプロ7(綜合図書)」にて連載されていた作品。2018年には秋水社により電子書籍として配信されている。

 パチンコ漫画雑誌の連載作品だが、内容はイメージの真逆であり、反パチンコ的な展開は読者に強烈なインパクトを残す。

 序盤、真面目で人柄の良い高校教師「日之本進」は、パチンコとは無縁の生活を送っていた。しかし、彼の妻「雅子」はパチンコ依存症であり、ある日300万円の借金を残し家出をする。

 雅子を探すため、息子と一緒に関西へ旅に出るが、旅費を稼ぐためにパチンコに手を出してしまう。これを機にパチンコ依存者の道を歩き始め、結果的に周りの人間を不幸にしてゆく。

 特に話題に上がる内容として、教師である「日之本進」が、「パチンコを辞める」ことを条件に、教え子たちから現金を受け取るシーンがある。日之本は、その足でパチンコ店に直行してしまう。

 この物語は非常に印象的だが、連載より23年以上が経過。しかも、単行本すら発行されていない。そのようなマイナーといえる作品が、なぜ現在に至ってブームとなり得たのだろうか。

 これは緊急事態宣言による自粛状態により、時間に余裕ができ、自宅で漫画を読む機会が増加したことが大きいだろう。

 同漫画についての投稿が爆発的に増加したのが5月12日の出来事。5月11日に確認できた投稿は1件のみであった。 

 実は、ブーム以前より、月に1〜2度程度であるが、投稿がある。4月や3月にも、強烈な内容に感嘆する声は確かに存在した。

パチンコ漫画「連ちゃんパパ」が話題沸騰… その「内容」と「背景」に迫るのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事