NEW

JRAオークス(G1)同厩アーモンドアイの再現狙う! マジックキャッスル「6枠12番」は“偶然”でなく“必然”か!? 土曜メインにも関連が……

JRAオークス(G1)同厩アーモンドアイの再現狙う! マジックキャッスル「6枠12番」は偶然でなく必然か!? 土曜メインにも関連が……の画像1

 24日、東京競馬場で牝馬クラシック第2戦・オークス(G1)が開催される。2400mという距離はほとんどの3歳牝馬にとって初挑戦となるため、人気通りの決着になりづらいレースでもある。

 実際に、昨年のオークスは12番人気のカレンブーケドールが2着に入り、3連単で17万9960円の高配当となった。過去10年で5番人気以内での決着は3回と、伏兵が馬券に絡む可能性がかなり高そうだ。

 今年は人気薄の激走候補としてマジックキャッスル(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)に注目したい。

 前走の桜花賞で12着に大敗したことで、人気を落とすことが予想されるマジックキャッスル。だが、浜中俊騎手と国枝調教師は重馬場が敗因だったと話しており、オークスは桜花賞ほど馬場が荒れることがなさそうなため巻き返しに期待がかかる。

 マジックキャッスルの勝ち鞍は新馬戦のみだが、桜花賞を除けばすべて2着を確保する安定した内容だ。負けたレースもマルターズディオサとタイム差なし、レシステンシアと0秒2差、ミヤマザクラとタイム差なしと一線級の馬と好勝負を演じてきている。

 2走前のクイーンC(G3)でマジックキャッスルは後方からレースを進め、上がり3F33秒4のメンバー最速の末脚を発揮。勝ち馬にクビ差届かなかったが、東京コースで高いパフォーマンスを見せていることはオークスへ期待ができるだろう。

 また、同レースで4着のアカノニジュウイチとのタイム差は0秒3だった。同馬はスイートピーS(L)にも出走しており、勝ち馬デゼルと0秒4差。オークスで上位人気が予想されるデゼルに、決して引けを取らないという見方もできるはずだ。

 現在、東京コースは高速馬場で前残りが目立つ傾向があるため、後方からの追い込みが持ち味のマジックキャッスルにとってマイナスに思えるかもしれない。だが、デビューから2戦は先行する競馬で結果を残しているため、スピード対応も可能だと考えられる。

 そんな中、唯一の不安となるのは距離延長ではないだろうか。

「やはりマジックキャッスルが1番心配されるのは距離延長ですね。母ソーマジックもオークスに出走しましたが8着、半兄ソーグリッタリングも1800m以下の距離で実績を残しています。

JRAオークス(G1)同厩アーモンドアイの再現狙う! マジックキャッスル「6枠12番」は“偶然”でなく“必然”か!? 土曜メインにも関連が……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!