NEW

JRAオークス(G1)デアリングタクト「大外一気3連勝」の真実。豪快な圧勝劇の裏で、桜花賞追い切りに垣間見せていた「女王の弱点」とは

【この記事のキーワード】

,

JRAオークス(G1)デアリングタクト「大外一気3連勝」の真実。豪快な圧勝劇の裏で、桜花賞追い切りに垣間見せていた「女王の弱点」とはの画像1
デアリングタクト JBISサーチより

 24日に東京競馬場で開催されるオークス(G1)へ向け、今年の「主役」デアリングタクト(牝3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)が最終追い切りを行った。

 栗東の坂路を単走で駆け上がったデアリングタクトは、4ハロン55.0秒でラスト12.8秒。同様に単走だった桜花賞(G1)の53.9秒、ラスト12.6秒よりさらに遅い時計だが、元々強い追い切りを必要としないタイプ。陣営も「桜花賞以上のデキ」とあくまで強気だ。

 また、注目の枠順も2枠4番という絶好枠に決まった。これには杉山晴紀調教師も「(後入れの)偶数番なら、なおいい」と手応え。先週からBコースに替わった東京はイン有利の状況。63年ぶりの無敗二冠達成へ、いよいよ舞台は整ったか――。

 しかし一方、この2枠4番に「難しい枠になった」と懸念を抱く声がある。

JRAオークス(G1)デアリングタクト「大外一気3連勝」の真実。豪快な圧勝劇の裏で、桜花賞追い切りに垣間見せていた「女王の弱点」とはのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!