NEW

JRA オークス(G1)デアリングタクト「無敗の2冠牝馬」の夢を打ち破る1頭は美浦から!? 関係者【(秘)情報】を大公開!!

JRA オークス(G1)デアリングタクト「無敗の2冠牝馬」の夢を打ち破る1頭は美浦から!? 関係者【(秘)情報】を大公開!!の画像1

 今週末に開催される3歳牝馬クラシック2戦目オークス(G1)。63年ぶりにデアリングタクトが「無敗の2冠牝馬」に輝くことができるかに注目が集まっている。だが、ライバルたちもただ指を加えてそれを見ているわけにはいかない。今回は『美浦』の関係者たちより届けられた【(秘)情報】の中からピックアップした、注目すべき出走馬をご紹介しよう。

 前哨戦のフローラS(G2)を勝ったウインマリリン(美浦・手塚貴久厩舎)。

 前走は強風で砂が舞い、視界が悪い中でのレースとなったが、最後の直線でインをついて上がり、先頭に立つと、後続の猛追をしのいで勝利。優先出走権を手に入れた。

「あの勝ちっぷりは見事でしたね。スタッフも『東京の時計の速い馬場に対応できたのも収穫』と満足気。これまで4戦3勝。勝ち鞍がすべて2000m戦とあって、オークスへの距離延長にも対応できると思います。

 主戦の横山武史騎手と大舞台に挑戦する予定でしたが、斜行で騎乗停止。父である横山典弘騎手とコンビを結成することになりました。横山典騎手には先週の稽古に騎乗して、感触を掴んでもらったようです。スタッフは『好感触の様子だったし、動きも軽やかだった』と、急な乗り替わりも問題ないと話していましたよ」(美浦関係者A)

 オークス制覇は父の手に託された。

JRA オークス(G1)デアリングタクト「無敗の2冠牝馬」の夢を打ち破る1頭は美浦から!? 関係者【(秘)情報】を大公開!!の画像2

 大舞台でC.ルメール騎手を軽視するのは禁物だ。今回はサンクテュエール(美浦・藤沢和雄厩舎)で挑戦する。

 前走の桜花賞(G1)では3番人気に支持されたものの6着。ルメール騎手は「この馬場でラスト100mは脚が上がってしまいました。良い馬場ならもっと上位に行けたと思います」と道悪に敗因を求めていた。

「追い切りではあまり時計がでませんでしたが、これは馬場が重かったのと、“軽めが信条の藤沢流”だからでしょう。脚取りはしっかりしていましたし、順調に仕上がっていると見ていいはず。

 これまでマイル戦の経験しかないので、距離延長に対応できるかがカギ。スタッフは『気性が穏やかなので距離はこなせる。良馬場で改めて……』と期待を込めていましたよ」(美浦関係者B)

 巻き返しなるか。

JRA オークス(G1)デアリングタクト「無敗の2冠牝馬」の夢を打ち破る1頭は美浦から!? 関係者【(秘)情報】を大公開!!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!