NEW

JRAオークス(G1)デアリングタクト「無敗二冠」達成! 松山弘平「1、2コーナーで2回ぶつかって……」不利跳ね返し、 史上初の無敗・牝馬三冠へ王手

【この記事のキーワード】

, ,

JRAオークス(G1)大本命デアリングタクト完勝!の画像1
デアリングタクト JBISサーチより

 24日、東京競馬場で開催されたオークス(G1)は、1番人気のデアリングタクト(牝3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)が優勝。1957年のミスオンワード以来、63年ぶりの無敗二冠を達成した。

「何とか期待に応えることができて、ホッとしています」

 まさに異次元の強さだった。18頭立てで行われた芝2400mのレース。スマイルカナが外連味のない逃げを打ち、1000m通過は59.8秒。後方からレースを進めたデアリングタクトは、最後の直線で一瞬行き場を失う苦しい展開だったが、手応えの違いで馬群を勝ち割ると、最後は突き抜けた。

「レース後、松山弘平騎手が『スタートが良かったので中団を獲れそうと思ったんですが、1、2コーナーで2回ぶつかって……』と振り返っていた通り、今回は2枠4番という内目の枠の上、桜花賞よりもマークがきつかった分、厳しいレースになりました。松山騎手にしても決してプラン通りではなかったかもしれませんが、それらを跳ね返すほどデアリングタクトの力が抜けていました。

2着ウインマリリンとの着差は半馬身ですが、それ以上の能力の差があったことは確か。順調に行けば、アーモンドアイ以来の牝馬三冠も濃厚といえる勝利でした」(競馬記者)

レース後、松山騎手が「初めて1番人気でG1だった」と語った通り、今回はJRAのG1・72戦目にして初の1番人気。それも単勝1.6倍の大本命だった。そういった事情もあって「なんとか、その期待に応えたいという思い」と必死で掴んだ勝利だった。

 これで無敗の二冠馬となったデアリングタクト。牡馬ではシンボリルドルフ、ディープインパクトが達成しているが、無敗の牝馬三冠となれば史上初。秋の秋華賞(G1)まで連勝が続くなら、歴史的な快挙となりそうだ。

JRAオークス(G1)デアリングタクト「無敗二冠」達成! 松山弘平「1、2コーナーで2回ぶつかって……」不利跳ね返し、 史上初の無敗・牝馬三冠へ王手のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!