NEW

JRA 日本ダービー(G1)キングカメハメハ産駒の連続出走記録がストップも…… 豊富な「後継種牡馬」が今後の日本の競馬界を牽引!

【この記事のキーワード】

,

JRA 日本ダービー(G1)キングカメハメハ産駒の連続出走記録がストップも…… 豊富な「後継種牡馬」が今後の日本の競馬界を牽引!の画像1
大種付馬キングカメハメハ JBISサーチより

 今年も競馬の祭典・日本ダービー(G1)が開催される。昨年亡くなったディープインパクトは皐月賞馬コントレイルらをはじめ、多くの産駒を送り込んでいる。だが、長きに渡ってそのディープインパクトとリーディングサイアーの座を争い、こちらも昨年他界したキングカメハメハは、種牡馬入りを果たして以来はじめて、産駒を1頭もこの大舞台に送り出せないようだ。

 2003年にデビューし、翌年には安藤勝己騎手とのコンビで史上初めてNHKマイルC(G1)、日本ダービー(G1)の変則2冠を達成。秋初戦となった神戸新聞杯(G2)も危なげなく勝利し、さらなる飛躍が期待されたものの、右前浅屈腱炎を発症。現役を退くことが発表された。

 若くして種牡馬入りを果たしたキングカメハメハは、初年度から244頭に種付け。初年度産駒が08年にJRAデビューを飾ると、まずフィフスペトルが函館2歳S(G3)制覇、朝日杯フューチュリティS(G1)2着と活躍。翌年には父同様にNHKマイルCと日本ダービーの変則2冠を狙うもそれぞれ、5着、11着に終わった。

 それ以後もキングカメハメハ産駒はコンスタントに活躍を続け、毎年のようにクラシックを沸かせていた。過去のキングカメハメハ産駒の日本ダービー出走馬と結果は下記となる。

【日本ダービーに出走したキングカメハメハ産駒】

 2009年
 ゴールデンチケット 7着
 フィフスペトル 11着

 2010年
 ローズキングダム 2着
 ルーラーシップ 5着
 トゥザグローリー 7着

 2011年
 ベルシャザール 3着

 2012年
 ゼロス 16着

 2013年
 ラブリーデイ 7着
 コディーノ 9着

 2014年
 タガノグランパ 4着
 トゥザワールド 5着
 スズカデヴィアス 9着

 2015年
 ドゥラメンテ 優勝
 レーヴミストラル 9着
 ミュゼスルタン 6着

 2016年
 エアスピネル 4着
 リオンディーズ 5着

 2017年
 レイデオロ 優勝
 ダイワキャグニー 14着

 2018年
 コズミックフォース 3着

 2019年
 クラージュゲリエ 6着
 ランフォザローゼス 7着
 レッドジェニアル 8着

JRA 日本ダービー(G1)キングカメハメハ産駒の連続出走記録がストップも…… 豊富な「後継種牡馬」が今後の日本の競馬界を牽引!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!