NEW

JRA日本ダービー(G1)「波乱の前触れ」!? 福永祐一、レーン、武豊が揃ってオークス(G1)見せ場なし! 「惨敗トリオ」が抱えるそれぞれの不安

【この記事のキーワード】, , ,

JRA日本ダービー(G1)「波乱の前触れ」!? 福永祐一、レーン、武豊が揃ってオークス(G1)見せ場なし! 「惨敗トリオ」が抱えるそれぞれの不安の画像1

 24日、日曜東京で行われたオークス(G1)は単勝1.6倍に支持された松山弘平騎手のデアリングタクトが勝利。3歳牝馬の頂点に立ち、無敗の2冠達成を成し遂げた。

 内枠を引いたこともあり、好位からの競馬を試みるも厳しいマークが集中し、腹を決めて後方待機からの差し切りを決めた松山騎手の好判断も光る勝利だったといえる。

 これに対し、D.レーン騎手の2番人気デゼルは11着、武豊騎手の4番人気ミヤマザクラは7着、福永祐一騎手の6番人気リリーピュアハートは9着と見せ場なく敗れている。日本ダービー(G1)ではそれぞれサリオス、サトノフラッグ、コントレイルの騎乗を予定している。

 ダービーはオークスと同じ東京・芝2400mのレースだ。いずれも有力馬に騎乗する騎手だけにこの敗戦は、不安材料にもなり得る可能性がある。

JRA日本ダービー(G1)「波乱の前触れ」!? 福永祐一、レーン、武豊が揃ってオークス(G1)見せ場なし! 「惨敗トリオ」が抱えるそれぞれの不安の画像2

 レーン騎手が手綱を取ったデゼルは最内から徐々に外に持ち出したものの、スイートピーS(OP)で繰り出した強烈な末脚は不発に終わり、キャリアの浅さが浮き彫りとなったかもしれない。

 ただ、少々気になるのはレーン騎手の今年の好成績が芝1400~1800mに集中していることである。コース成績については中山よりも東京が上回っており問題はなさそうだが、2000mを越えてから成績が急落しているように、マイル前後が得意距離といえそうだ。

 距離延長を懸念する声もあるサリオス同様、レーン騎手にとっても不安要素となる可能性があるかもしれない。

JRA日本ダービー(G1)「波乱の前触れ」!? 福永祐一、レーン、武豊が揃ってオークス(G1)見せ場なし! 「惨敗トリオ」が抱えるそれぞれの不安の画像3

 武豊騎手は福永騎手から乗り替わったミヤマザクラに騎乗した。オークスでは絶好のスタートを決めながらも中団待機策を取ったが、上がりの速い競馬に対応できないまま、9着に終わっている。

 前走の桜花賞(G1)で同馬に騎乗した福永騎手が3番手につけながら、雨で渋った馬場にノメってポジションを悪くしてしまったことを敗因にあげていたことから、良馬場での開催となったオークスでも積極策が期待された。クイーンC(G3)の勝利も逃げたのは想定外だったとはいえ、強い勝ち方をしたことも確かだった。

 外枠から果敢な積極策で7番人気のウインマリリンを2着に導いた横山典弘騎手の好騎乗が冴えていただけに、武豊騎手が残した「いいポジションでやりたいレースはできた」というコメントには少なからず物足りなさを感じてしまう。

 春G1の不振が目立っているだけにダービー最多5勝を誇る手腕でどう巻き返して来るだろうか。

JRA日本ダービー(G1)「波乱の前触れ」!? 福永祐一、レーン、武豊が揃ってオークス(G1)見せ場なし! 「惨敗トリオ」が抱えるそれぞれの不安のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合