NEW

JRA日本ダービー(G1)に「10年周期の法則」、今年も“発動”ならコントレイル・サリオスは大ピンチ!かわって浮上するのは7番人気の馬?

JRA日本ダービー(G1)に「10年周期の法則」、今年も発動ならコントレイル・サリオスは大ピンチ!かわって浮上するのは7番人気の馬?の画像1
エイシンフラッシュ JBISサーチより

 3歳馬の頂点を決める日本ダービー(G1)が今年も東京競馬場で行われる。第1回が開催された1932年から、太平洋戦争の影響で2回の開催休止(1945-46年)を挟み、今年で87回目を迎える。

 その「第87回日本ダービー」で1番人気濃厚なのが、皐月賞(G1)を制したコントレイルだ。そしてそのコントレイルに半馬身差に迫ったサリオスが対抗格と目されている。コントレイルが父ディープインパクト以来、15年ぶり無敗の2冠馬に輝くのか、それともサリオスの逆襲はあるのか、あるいは昨年のロジャーバローズのような伏兵が台頭するのか、目が離せない。

 今年は区切りの2020年ということで、西暦の下1ケタが「0」年のダービー馬に注目してみた。1940年から2010年までのダービー馬8頭は以下の通りだ。

【西暦の下1ケタが「0」年のダービー馬】
 1940年 イエリュウ(4番人気)
 1950年 クモノハナ(1番人気)
 1960年 コダマ(1番人気)
 1970年 タニノムーティエ(2番人気)
 1980年 オペックホース(2番人気)
 1990年 アイネスフウジン(3番人気)
 2000年 アグネスフライト(3番人気)
 2010年 エイシンフラッシュ(7番人気)

 エイシンフラッシュが制したダービーからちょうど10年。その年は、ヴィクトワールピサ(単勝オッズ2.1倍)とペルーサ(同2.6倍)の“2強ダービー”と言われた。結果はヴィクトワールピサが3着、ペルーサは6着に沈み、7番人気エイシンフラッシュと5番人気ローズキングダムで決着。馬連配当は1万6720円という波乱となった。

 もう一度話を戻そう。1940年から10年ごとのダービー馬8頭の単勝人気を見てみると、1960年のダービーを制したコダマを最後に1番人気は5連敗中ということがわかる。さらにもう一つ興味深いのが、1950年のクモノハナから「1→1→2→2→3→3→7」と単勝人気が推移している。この法則に従えば、今年は7番人気の馬が先頭でゴール板を過ぎる可能性を考えなければいけない。

 27日時点の『netkeiba.com』の予想オッズから7番人気“候補”として以下の5頭を挙げたい。

 5番人気 ガロアクリーク(32.8倍)
 6番人気 ダーリントンホール(35.3倍)
 7番人気 ヴェルトライゼンデ(37.5倍)
 8番人気 ビターエンダー(49.3倍)
 9番人気 アルジャンナ(53.0倍)

 ガロアクリーク、ダーリントンホール、そしてヴェルトライゼンデの3頭が単勝オッズ30倍台で拮抗している。中間の動きや当日の気配などを加味して上記5頭の何れかが7番人気になる確率が高そうだ。果たして日本ダービー10年周期の法則は発動するのか、注目したい。

JRA日本ダービー(G1)に「10年周期の法則」、今年も“発動”ならコントレイル・サリオスは大ピンチ!かわって浮上するのは7番人気の馬?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!