NEW

JRAオークスでまさかの惨敗……ノーザンファーム&社台ファームのダブル馬券圏外は2004年以来の大事件!? 日本ダービーで注目の「非社台グループ馬」は

【この記事のキーワード】, ,

 今年の日本ダービーに出走を予定している社台グループの生産馬は以下の10頭。

 ・ノーザンファーム
 サリオス
 サトノフラッグ
 ヴェルトライゼンデ
 ワーケア
 ヴァルコス
 マイラプソディ
 レクセランス
 マンオブスピリット
 アルジャンナ

 ・社台ファーム
 サトノインプレッサ

 非社台グループ生産馬は以下の8頭。

 コントレイル(ノースヒルズ)
 コルテジア(ノースヒルズ)
 ディープボンド(村田牧場)
 ウインカーネリアン(コスモヴューファーム)
 ダーリントンホール(Canning Bloodstock Ltd)
 ブラックホール(杵臼牧場)
 ガロアクリーク(笠松牧場)
 ビターエンダー(桜井牧場)

 出走馬の半分以上がノーザンファームというのはさすがだ。だが、いずれもコントレイルに対して実績が劣っている。

 そして非社台グループ生産馬は8頭。大将格は無敗の皐月賞馬コントレイルで異論はあるまい。その他の7頭は、ノーザンファームの血統馬と比較すると、いずれも人気薄となりそうなメンバー。

 しかしオークスの2着3着、さらに桜花賞3着のスマイルカナ、皐月賞3着のガロアクリークのように、今年は人気薄の非社台グループ生産馬が3歳G1レースのキーホースとなっているのも間違いない。

 昨年の日本ダービーを制したロジャーバローズは、ノーザンファームの育成馬ではあるが非社台グループの生産馬。そして今年の傾向。客観的に見ても、風は社台グループに向かって吹いているように思えない。

 しかし「最も運が強い馬が勝つ」ともいわれる日本ダービーだけに、その強運を手繰り寄せることができるか。どんな結末が待っているのだろうか。今から週末が楽しみでならない。

JRAオークスでまさかの惨敗……ノーザンファーム&社台ファームのダブル馬券圏外は2004年以来の大事件!? 日本ダービーで注目の「非社台グループ馬」はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合