NEW

JRA武豊「競馬に絶対はない」サトノフラッグで日本ダービー(G1)制覇を意気込むも、 「最多勝」のレジェンドが今年は“買いづらい”理由……

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊「競馬に絶対はない」サトノフラッグで日本ダービー(G1)制覇を意気込むも、 「最多勝」のレジェンドが今年は買いづらい理由……の画像1
サトノフラッグ JBISサーチより

 天才ジョッキー・武豊が6度目のダービー制覇へ挑む。

 31日、東京競馬場で競馬の祭典・日本ダービー(G1)が開催される。圧倒的1番人気が予想される無敗の皐月賞馬コントレイルに、サトノフラッグ(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎)が待ったをかけられるか注目したい。

 前走の皐月賞ではコントレイル、サリオスと並び「3強」と目されたサトノフラッグは、単勝オッズ3.6倍の2番人気の支持を集めた。だが、レースは直線で伸びを欠き5着に敗れてしまい、3強から脱落する形になってしまった。

 敗因ははっきりしないものの、「前走は仕上げすぎたかもしれない」と国枝調教師は話しており、ダービーは余裕残しの仕上げで挑むことになる。27日の最終追い切りは、美浦・ウッドコースで僚馬を2馬身追走から馬なりで併入。余力を残しながら5F66秒5、ラスト12秒0の時計には、素質の高さを感じさせられる。

 順調な調整でダービーに挑むサトノフラッグにとって、最もプラス材料になるのは武豊騎手とのコンビ復活だ。

 武豊騎手とのコンビで挑んだ弥生賞(G2)は、大外を回して直線に入ると長くいい脚で差し切り勝ち。2着のワーケアはダービーでも上位人気が予想される実力馬、3着オーソリティは青葉賞(G2)の勝ち馬と負かした相手も強い。

 ダービーでもこのパフォーマンスが発揮できれば、逆転も十分にありえるだろう。弥生賞以来のコンビに期待がかかるのは、当然と言ったことだ。

 さらに武豊騎手は歴代最多のダービー5勝を挙げるレジェンド。日本一ダービーの勝ち方を知る男を鞍上に迎えられるのは何よりも心強い。ダービーには「最も運のある馬が勝つ」という格言があり、国枝調教師は「私より武君の方が運を持っている」と武豊騎手の運にも期待している様子だ。

 武豊騎手は自身のホームページの日記で「皐月賞の上位馬が強い、という下馬評に異論はありませんが、こういうときは都合よく『競馬に絶対はない』という格言を信じるようにしています」とサトノフラッグでの逆転に意気込みを見せている。

 だが、そんな武豊騎手がマイナスに働く可能性があるかもしれない。

JRA武豊「競馬に絶対はない」サトノフラッグで日本ダービー(G1)制覇を意気込むも、 「最多勝」のレジェンドが今年は“買いづらい”理由……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!