NEW

JRA浜中俊「出走する限り、チャンスがある」日本ダービー(G1)超大穴「ロジャーバローズ2世」が絶好枠で急浮上!? 昨年大波乱の再現へ条件揃ったか!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA浜中俊「出走する限り、チャンスがある」日本ダービー(G1)大穴「ロジャーバローズ2世」が絶好枠で急浮上!? 昨年大波乱の再現へ条件揃ったか!の画像1

 昨年のダービージョッキーが、ここに来て急浮上だ。

 28日、今週末に東京競馬場で行われる日本ダービー(G1)の枠順が決定し、無敗の皐月賞馬コントレイルは3枠5番、皐月賞2着のサリオスは6枠12番に決まった。

 その一方、毎年の日本ダービーで「絶好」といわれる1枠を掴んだのが、サトノインプレッサとアルジャンナの2頭だ。

 過去のデータ的には1枠1番に決まったサトノインプレッサの方が、1枠2番のアルジャンナよりも断然有利とされている。しかし、今年は少し“事情”が異なるようだ。

「1枠1番に入ったサトノインプレッサですが、本質的には後方から末脚に懸ける馬。スタート自体も速い馬ではありませんし、果たして絶好枠をどこまで活かせるか……。

そうなると狙いたいのは、前に行けるアルジャンナの方ですよね。昨年1枠1番からダービー馬になったロジャーバローズも積極的に前に行き、馬場の良い最内を最大限活かしての勝利。これを再現できそうなのは、サトノインプレッサよりもアルジャンナですよ」(競馬記者)

JRA浜中俊「出走する限り、チャンスがある」日本ダービー(G1)大穴「ロジャーバローズ2世」が絶好枠で急浮上!? 昨年大波乱の再現へ条件揃ったか!の画像2

 昨年11月の東京スポーツ杯2歳S(G3)で、勝ったコントレイルに5馬身突き放されたアルジャンナ。前走の毎日杯(G3)でもサトノインプレッサに敗れており、常識的に逆転は相当厳しいと述べざるを得ない。

 しかし、何が起こるかわからないのが競馬であり、日本ダービーだ。

 実際に、昨年のロジャーバローズも2歳の紫菊賞(1勝クラス)で、後の皐月賞8着馬アドマイヤジャスタに完敗。さらに前走の京都新聞杯(G2)でも、ダービー8着馬レッドジェニアルとの競り合いに敗れていた。常識的にはとても狙えない存在であり、だからこそ12番人気に甘んじていたのだ。

「京都新聞杯ではハナに立って2着だったロジャーバローズですが、ダービーでは2番手からの競馬。リオンリオンが良い感じに飛ばしてくれて、2番手ながら実質的に単騎逃げとなる絶好の展開でした。

アルジャンナはロジャーバローズほど逃げた経験はありませんが、今年はこれといった逃げ馬が不在です。

最も可能性が高いのは皐月賞でロジャーバローズと同じように“2番手の逃げ”となったウインカーネリアンですが、大外の18番枠。そのため、逃げるならそれなりに飛ばす必要があります。これも昨年の再現を狙うアルジャンナからすれば、大きなプラス材料ですね。陣営は『前進気勢が旺盛』と課題を挙げていますが、前に行くためにはむしろプラスに働くかもしれませんよ」(同)

JRA浜中俊「出走する限り、チャンスがある」日本ダービー(G1)超大穴「ロジャーバローズ2世」が絶好枠で急浮上!? 昨年大波乱の再現へ条件揃ったか!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!