NEW

JRA武豊を横山典弘が後悔させる!? 日本ダービー「驚愕の大変身」マイラプソディが「東京G1の法則」で波乱の主役に

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊を横山典弘が後悔させる!? 日本ダービー「驚愕の大変身」マイラプソディが「東京G1の法則」で波乱の主役にの画像1

 31日に、東京競馬場でいよいよ3歳No.1を決める日本ダービー(G1)が行われるなど、大きな盛り上がりを見せている春のG1連続開催。

 その中心にあるのが5週連続開催となる「東京G1」だが、実はこの春「ある現象」が起きていることをご存じだろうか。

 発端は、東京G1連続開催の開幕を告げるNHKマイルC(G1)だった。勝ったのはラウダシオンのM.デムーロ騎手、2着にレシステンシアのC.ルメール騎手が入り、久々の「デムルメ馬券」となった。

 その翌週に行われたヴィクトリアマイル(G1)では、前週2着だったルメール騎手のアーモンドアイが圧倒的なパフォーマンスで優勝。2着にはサウンドキアラと松山弘平騎手が入ったが、相手が悪かったという他ないだろう。

 さらにその翌週、前週2着で悔しい思いをした松山弘平騎手が、その鬱憤を晴らすかのようにオークス(G1)を快勝。デアリングタクトで63年ぶりとなる無敗での牝馬二冠を達成した。

 ここまで来れば、もう説明するまでもないかもしれない。つまり、今春の東京G1連続開催は「2着に泣いた騎手が、翌週に悔しさを晴らしている」のだ。

JRA武豊を横山典弘が後悔させる!? 日本ダービー「驚愕の大変身」マイラプソディが「東京G1の法則」で波乱の主役にの画像2

 この“法則”に従うと、今週は前週のオークスでウインマリリンに騎乗して2着だった横山典弘騎手の出番ということになる。日本ダービーで騎乗するのはマイラプソディ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 無論、『netkeiba.com』の事前オッズでも12番人気というマイラプソディを、それぞれ大本命だったアーモンドアイやデアリングタクトと比較することには無理がある。実際に前走の皐月賞(G1)で完敗し、主戦の武豊騎手に“捨てられる”という典型的な落ち目の馬だ。

 しかし、改めてマイラプソディの話を聞いてみると「必ずしも捨てたものではない」という事実が浮き彫りになってくる。

JRA武豊を横山典弘が後悔させる!? 日本ダービー「驚愕の大変身」マイラプソディが「東京G1の法則」で波乱の主役にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!