NEW

JRA日本ダービー(G1)武豊サトノフラッグをO.マーフィー、L.ヒューイットソンが本命視!? 「評価を下げてはいけない馬」「ダービー向き」若き天才騎手たちが“イチオシ”する理由

JRA日本ダービー(G1)武豊サトノフラッグをO.マーフィー、L.ヒューイットソンが本命視!? 「評価を下げてはいけない馬」「ダービー向き」若き天才騎手たちがイチオシする理由の画像1
サトノフラッグ JBISサーチより

 31日に東京競馬場で行われる3歳の頂上決戦・日本ダービー(G1)について、春のクラシック戦線で存在感を放った名手が独自の見解を語っている。

「もうすぐ日本ダービーですね」

 そう日本への思いを語たったのは『デイリースポーツ』のインタビューに応じたL.ヒューイットソン騎手だ。

 詳細はぜひインタビュー記事をご覧いただきたいが、3月の弥生賞ディープインパクト記念(G2)から、初の日本参戦を果たした南アフリカの若き天才騎手は、ガロアクリークとのコンビでスプリングS(G2)を勝利。本番の皐月賞(G1)でも3着と、その手腕を日本の競馬ファンに見せつけた。

 惜しむらくは、ヒューイットソン騎手が初の短期免許だったことだ。JRAでは、初の短期免許となる外国人騎手には最大2カ月間の騎乗しか認めておらず、ヒューイットソン騎手は泣く泣く皐月賞の翌週の騎乗を最後に南アフリカへ帰国することに……。

 これには本人も「できれば、もう1カ月滞在してガロアと一緒にダービーに挑戦したかった」と相棒への“未練”を語っている。スプリングSが6番人気、皐月賞が8番人気とたびたび波乱を演出した名コンビだけに、日本ダービーで見たかったファンの多いはずだ。

 そんなヒューイットソン騎手が、ガロアクリークの次に「評価を下げてはいけない馬」と警鐘を鳴らしたのが、皐月賞5着のサトノフラッグ(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

JRA日本ダービー(G1)武豊サトノフラッグをO.マーフィー、L.ヒューイットソンが本命視!? 「評価を下げてはいけない馬」「ダービー向き」若き天才騎手たちが“イチオシ”する理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!