NEW

JRA日本ダービー(G1)武豊サトノフラッグをO.マーフィー、L.ヒューイットソンが本命視!? 「評価を下げてはいけない馬」「ダービー向き」若き天才騎手たちが“イチオシ”する理由

 弥生賞ディープインパクト記念を勝ち、皐月賞ではコントレイルに次ぐ2番人気と、サリオスよりも支持されていたサトノフラッグ。結果は5着と「3強」で唯一馬券圏内を外すなど、コントレイル、サリオスとは勝負付けが済んだ感もある。だが、ヒューイットソン騎手は「潜在能力は皐月賞1、2着馬にも引けを取らない」と極めて高い評価を与えているようだ。

「これには未勝利戦と1勝クラスで騎乗したO.マーフィー騎手も同調していましたね。サトノフラッグとのコンビで東京の未勝利戦と、中山の1勝クラスに騎乗して、どちらも3馬身差で快勝したマーフィー騎手ですが、明らかに『ダービー(東京)向き』と語っています。

中山の皐月賞でコントレイルとサリオスに力の差を見せつけられたサトノフラッグですが、ヒューイットソン騎手もマーフィー騎手も東京コースに替わるダービーで、再び『3強』の争いに持ち込めるだけの潜在能力があるとみているようです」(競馬記者)

 またサトノフラッグを高評価しているのは、当然陣営も同じだ。

「管理する国枝調教師は、以前から『(厩舎の)牡馬の歴代No.1』とサトノフラッグに最大級の評価を与えています。皐月賞は仕上げ過ぎて本来の走りができなかったことを受け、今回はソフト仕上げ。

動きは良いですし、取材陣には『(来週の安田記念に出走する)アーモンドアイの方がよく聞かれるな』と余裕の“取材リクエスト”。逆に言えば、それだけ仕上げに自信があるということでしょう」(別の記者)

 そんなサトノフラッグの手綱を執るのは、ヒューイットソン騎手もマーフィー騎手も「リスペクト」と口を揃える武豊騎手だ。サトノフラッグを「(父の)ディープインパクトに似ている」と語るダービー5勝の名手は、“飛ぶ”ような走りを復活させることができるか。一発逆転の可能性は、決して小さくないのかもしれない。

JRA日本ダービー(G1)武豊サトノフラッグをO.マーフィー、L.ヒューイットソンが本命視!? 「評価を下げてはいけない馬」「ダービー向き」若き天才騎手たちが“イチオシ”する理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール