NEW

JRA日本ダービー(G1)福永、松山、和田「掟破り」の連係プレー!? 安藤勝己氏「ノースヒルズ勢が周りを固めた」“影の立役者”がコントレイルを完璧エスコート

【この記事のキーワード】

, ,

JRA日本ダービー(G1)福永、松山、和田「掟破り」の連係プレー!? 安藤勝己氏「ノースヒルズ勢が周りを固めた」影の立役者がコントレイルを完璧エスコートの画像1

 31日に東京競馬場で行われた日本ダービー(G1)は、圧倒的1番人気に支持されたコントレイル(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)が3馬身差の勝利で無敗の二冠を達成。父ディープインパクト以来となる無敗三冠へ王手をかけた。

「2番手(コルテジア)の後ろに入れた、そこが大きかったですね――」

 レース後、主戦の福永祐一騎手がそう語った通り、終わってみれば完璧な“エスコート”だった。

 今年の日本ダービーは単勝1.4倍という数字が示す通り、無敗の皐月賞馬コントレイルが抜けた存在だった。この「1.4倍」は昨年のサートゥルナーリア(1.6倍)、2015年のドゥラメンテ(1.9倍)を超える近年では最も高い支持率。つまり、それだけ抜けた馬であり、同時に「マークされるべき存在」だったということでもある。

 父ディープインパクトと同じ「3枠5番」からのスタートとなったコントレイルだが、ほぼ最後方から外を回っても勝てる父とは異なり、馬群の中で競馬する本馬にとっては決して簡単な枠ではなかったはずだ。競馬が必ずしも最も強い馬が勝つわけでない1つの理由は、ライバルたちが実力馬をマークし、楽なレースをさせないようにするから。

 大本命馬が進路を失い惨敗することは、決して珍しい光景ではないのだ。

 そんな中、コントレイルを擁する“ノースヒルズ軍団”は今年の日本ダービーに3頭の刺客を送り込んだ。大本命馬コントレイルに加え、きさらぎ賞(G3)を勝ったコルテジアと、京都新聞杯(G2)を勝ったディープボンドだ。

JRA日本ダービー(G1)福永、松山、和田「掟破り」の連係プレー!? 安藤勝己氏「ノースヒルズ勢が周りを固めた」“影の立役者”がコントレイルを完璧エスコートのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!