NEW

パチンコの「命運を握るカギ」!? 大革命「遊タイム」の活躍で状況は…【谷村ひとしパチンコ実戦記】

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコの「命運を握るカギ」!? 大革命「遊タイム」の活躍で状況は…【谷村ひとしパチンコ実戦記】の画像1

 いよいよ自粛解除でパチンコを打てるようになったホールも増えて、この2ヶ月ホールに行かなかった間に、“何が変わったのか?” 営業スタイルもパチンコ台も大きく変わりました。

 全国的にホールが営業再開しても、バイト代の代わりにとスロットを打つ若者も多いようで、全国的にスロットコーナーの稼働が上がっているようです。長時間プレイが基本のスロットは、より体力のある若者への浸透は理解できます。

 逆に年配のパチンコファンの中には、自身の健康だけでなくお孫さんやご家族への感染も怖れて、以前のようには伸び伸びパチンコを楽しめなくなっているようです。金銭面で余裕のある年配の方にとって改めてパチンコは、何のために打っていたのか考えさせられた2ヶ月間の自粛です。

 パチンコ台そのものの面白さはもちろん、常連さんとのおしゃべりや、店員さんにクレームを言うのも、楽しみのひとつだったりと、コミュニケーションの場所として、いかに大きな存在だったか感じていることでしょう。

 以前のようにおしゃべりもしづらく、隣で仲良く打つこともソーシャルディスタンスで、離ればなれになったりと、本来の楽しさも半減です。

 海物語を中心に年配のお客さんの稼働が大きく落ち込んでいます。スロットコーナーのお客さんも注目する2020年のパチンコ大革命“遊タイム”が、暴れ始めています。

 ハマると決まった回転数で、突然時短に突入する“遊タイム”は、ズルズル粘ってハマる人の救済処置ですが、お金を遣わずに、回せるパチンコは、業界全体を救うシステムとも言えそうです。

Pリング呪いの七日間2』が、新システムキャンペーンの第1弾と呼べる甘さで人気です。ランプが884回転(74回ST後は958回転)めにチカチカスタートで、1214回転の時短に突入です。この1214回転中に、319分の1で抽選して当たれば100%ST突入の大サービスです。

 せっかくのST74回転をスルーせずに連チャンする台が多く、約78%継続にウソはありません。10連チャンクラス、中には20連チャン以上する台もあって、このリングのSTは、マジで甘い! このST前半の26回転は貞子接近ゾーンで、いきなり貞子の手が落ちて大当り濃厚、41回転から3つのモードを選択できます。

 “みちづれ”は、お馴染みの女子高校生の夜のキャンプファイヤーを貞子が襲って呪いを伝播します。“脱出”は、ペンションから脱出できれば大当り濃厚です。危険度が小さければ脱出チャンスです。

パチンコの「命運を握るカギ」!? 大革命「遊タイム」の活躍で状況は…【谷村ひとしパチンコ実戦記】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事