NEW

パチンコ「依存症チェック」が話題に… 医療機関HPで簡単「判定」

【この記事のキーワード】, ,

パチンコ「依存症チェック」が話題に… 医療機関HPで簡単「判定」の画像1


 2020年4月、感染症の影響で、政府より緊急事態宣言が発令された。各都道府県は各施設に「自粛」を要請。パチンコ店も例外ではなかった。

 しかし、要請を受け入れられず営業を断行するホールも存在。主に経営に対する問題が原因と言われており、自粛期間中にも関わらず、開店待ちの行列も見受けられた。

 この状況は多くのメディアで取り上げられ、その結果「ギャンブル依存症」に対しての注目度が増し、批判の的となったことは記憶に新しい。

 ギャンブル依存症とは、賭博の行為や過程に熱中し「やめたくても、やめられない」状態になることで、その結果として、本人だけでなく家族等の身の周りの方の生活にも悪影響を及ぼすことが問題視されている。

 そして5月下旬、緊急事態宣言が全国的に解除され、多くのホールが感染症対策に注意しつつ営業を再開する運びとなった。

 大半のユーザーからは喜びの声が上がっているが、「(営業再開は)まだ早いのでは?」と懐疑的な意見も存在するようだ。

 そんな中、静岡県富士市に位置する「聖明病院」が作成した「ギャンブル依存症チェック」が話題となっている。

 同病院は内科や精神科なども医療科目に持つ医療機関で、ギャンブルだけでなく、アルコールや薬物の依存症問題などに取り組んでいるようだ。

 ウェブ上で簡単に操作できるチェックシートとなっており、誰でも気軽に判定が可能。先に述べた自粛期間中のパチンコ店への批判が背景となってか、インターネット上で注目され、興味本位で利用するユーザーも多い印象だ。

 詳しくは聖明病院ホームページを確認していただきたいが、質問は全部で16項目。各質問に「全然やらない」「週に1回以下」「週に1回以上」の3パターンの回答が設けられている。

パチンコ「依存症チェック」が話題に… 医療機関HPで簡単「判定」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合