NEW

JRA「最強馬決定戦」コントレイルVSアーモンドアイはやはりあのレース!? 実現に向けて負けられない戦いは安田記念(G1)よりも……

【この記事のキーワード】

, , ,

JRA「最強馬決定戦」コントレイルVSアーモンドアイはやはりあのレース!? 実現に向けて負けられない戦いは安田記念(G1)よりも……の画像1

 5月31日に行われた日本ダービー(G1)は、無敗の皐月賞馬コントレイル(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)が優勝した。父ディープインパクト以来、15年ぶり史上7頭目の無敗の2冠馬となった。

 皐月賞を後方からの位置取りで制したコントレイルにとって不安要素は初めての2400mの距離ぐらいだったが、ダービーの勝利で距離不安を完全に払拭。さらに福永祐一騎手の「まだ底を見せていない」というコメントから、今後の飛躍に期待がかかる一方だ。

 ノースヒルズの前田幸治代表は「菊花賞で3冠を目指す」と表明しており、前哨戦を使うかは不明だが、淀の長丁場が次の決戦の舞台となりそうだ。ダービーの走りを見る限り、シンボリルドルフ、ディープインパクトに続き、史上3頭目の無敗の3冠馬になる可能性も高いと言えそうだ。

 少し気が早いかもしれないが、菊花賞のあとは「最強馬決定戦」がファンの最も要望するところではないだろうか。

JRA「最強馬決定戦」コントレイルVSアーモンドアイはやはりあのレース!? 実現に向けて負けられない戦いは安田記念(G1)よりも……の画像2

 今週末の安田記念(G1)には、史上初の「G1・8勝」をかけてアーモンドアイが出走する。昨年の有馬記念(G1)ではまさかの9着に惨敗したが、前走のヴィクトリアマイル(G1)を圧巻のパフォーマンスで勝利したことで、現役最強を再度印象付けた。もし、安田記念を勝つことができれば、評価は揺るぎないものとなるだろう。

 そのとき、ファン心理としては3歳の総大将コントレイルとの対決が見たくてたまらないものだ。

「アーモンドアイはクラブ規定により、6歳3月が現役の期限となります。昨年、リスグラシューのラストランが有馬記念だったように、年内のG1が引退レースとなる可能性が限りなく高いです。

 コントレイルは菊花賞後のレースとなると、ジャパンC(G1)か有馬記念が選択肢に上がります。ただレース間隔を考えると有馬記念の方が濃厚ですね。

 しかし、アーモンドアイは府中(東京)を得意としていることに加えて昨年の惨敗もあるため、中山開催の有馬記念参戦の可能性は微妙なところです。香港国際競走のいずれか、もしくはジャパンCがラストランになるかもしれません。

 もし、安田記念で不甲斐ない結果だった場合、秋の古馬王道ローテを進まない可能性もあります。そのため、今は安田記念で結果を残すことが重要です。ノーザンファームとノースヒルズの最強馬対決が実現すれば良いのですが……」(競馬記者)

JRA「最強馬決定戦」コントレイルVSアーモンドアイはやはりあのレース!? 実現に向けて負けられない戦いは安田記念(G1)よりも……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!