NEW

JRA安田記念(G1)で「G1・8勝」目論むアーモンドアイはまだまだ「序の口」!? 世界最強「G1・10勝」の怪物がついに始動!

【この記事のキーワード】, ,

JRA安田記念(G1)で「G1・8勝」目論むアーモンドアイはまだまだ「序の口」!? 世界最強「G1・10勝」の怪物がついに始動!の画像1

 7日、東京競馬場で春のマイル王決定戦・安田記念(G1)が開催される。今年の注目の的は史上初の「G1・8勝」に挑むアーモンドアイだろう。

 過去にG1・7勝を達成したのはシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウオッカ、ジェンティルドンナ、キタサンブラックの6頭。現在、アーモンドアイはこれらの名馬と肩を並べた形だが、さらに高みのG1・8勝に挑戦することになる。

 まさに怪物といえるアーモンドアイだが、世界にはもっと恐ろしい怪物がいる。

JRA安田記念(G1)で「G1・8勝」目論むアーモンドアイはまだまだ「序の口」!? 世界最強「G1・10勝」の怪物がついに始動!の画像2
エネイブル 競馬つらつらより

 1日、昨年の凱旋門賞(G1)で2着のエネイブル(牝6歳、英・J.ゴスデン厩舎)が、今年の始動戦を7月5日にサンダウン競馬場で行われるエクリプスS(G1)で迎えることが明らかになったとイギリスのメディア『Racing Post』が報じている。

 同メディアによると、ニューマーケットで調整されていたエネイブルは、17日に開催が始まるロイヤルアスコットのプリンスオブウェールズS(G1)に出走する可能性があった。だが、「ロイヤルアスコットが予定通りの開催となるか不確実なため、今年はサンダウンを待つことにしました」とゴスデン調教師は話しており、エクリプスSを始動戦に選んだようだ。

 昨年の凱旋門賞は史上初の3連覇をかけて挑むもヴァルトガイストの2着に敗れ、約2年半ぶりとなるキャリア2度目の黒星となったエネイブル。だが、「G1・10勝」の名牝は6歳シーズンの現役続行が決定し、再度凱旋門賞3勝目を目指すことになった。

 実際に、新型コロナウイルスの影響で中断していたイギリス競馬は6月1日に再開したばかり。開催が予定通りに行われるか不透明な部分は多いため、エネイブルのローテーションにも頷ける。

 エクリプスSは昨年の始動戦でマジカルを破った縁起のいいレース。その後も、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1)、ヨークシャーオークス(G1)と連勝を飾っている。いったい今年はどれだけG1勝利を積み重ねるのか注目が集まる。

 そして最大目標の凱旋門賞。今年は新型コロナウイルスの影響で日本からの参戦は厳しい状態だが、日本の馬主であるキーファーズがクールモアと共同所有している昨年のインターナショナルS(G1)勝ち馬ジャパンの参戦が予定されている。こちらの対決も楽しみにしたいところだ。

 日本で史上初のG1・8勝を目指すアーモンドアイだが、世界にはさらに高い壁が存在する。アーモンドアイにとっても、エネイブルは雲の上の存在といったところかもしれない。

 今週末、アーモンドアイには日本代表としての走りを見せてほしいところだ。

JRA安田記念(G1)で「G1・8勝」目論むアーモンドアイはまだまだ「序の口」!? 世界最強「G1・10勝」の怪物がついに始動!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール