NEW

JRA「余力十分」無観客開催で休業中のバイトにも「6割補償」!? 宝塚記念(G1)以降の通常開催再開の見通しは……

【この記事のキーワード】

,

JRA「余力十分」無観客開催でもバイトに「6割休業保証」!? 宝塚記念(G1)以降の通常開催再開の見通しは……の画像1

 競馬の祭典・日本ダービー(G1)が終わり、今週末からは2歳戦がスタートする。来週からは函館開催が始まり、いよいよ夏競馬の到来となる。

 JRA新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、2月29日から無観客競馬の開催を実施しており、すでに宝塚記念(G1)の開催日である6月28日までの継続が発表されている。その一方、4月から実施されていた「騎手の移動制限」と「競走馬の他ブロックへの出走制限」は6月から解除され、徐々に通常開催へ近づきつつある。

 だが、2日には東京都で34名の新型コロナウイルスの感染者が判明し、東京アラートが発動した。依然として予断を許さない状況が続いている。

 そんな状況ではあるが、ファンとしては通常開催の再開がいつになるのか気になるところだろう。

「関係者の話だと、次開催の福島や中京も無観客開催が継続しそうです。小規模なイベントは少しずつ行われるようになってきていますが、競馬開催となると何万人も集まりますからね。全国からお客さんが殺到する事は間違いないですし、もしその中から感染者が出たら県を跨いでクラスターの要因を作る可能性もあります。

また、ウインズも密な環境なので、すぐの再開は難しいのではないでしょうか。結局は周りの出方を見ながらの決定になりそうです。秋のG1シリーズから通常開催を再開できればという心構えのようですね」(競馬記者)

 他のスポーツでは、プロ野球が19日からの開幕が決定したものの、当面の間は無観客で行うとしている。また、Jリーグも7月4日からJ1の再開が決定しているが、観客を入れての開催は未定の状況。競馬の通常開催は、これらのスポーツの動向次第といったところかもしれない。

「幸いにも開催は途切れることなく継続できていますし、売上を含めて収益面でも想定以上のようです。JRAは敢えてその流れを壊すような事はしないと思いますよ。競馬場に従事していた人、休業扱いになっているバイトの人にも6割の給与は支給しているという話があるぐらいなので、余力は十分のようですね」(同)

 競馬場の従事者に給与補償をしているということは、いつでも通常開催を再開できるよう繋ぎ止めているという見方もできる。まだ再開の目途が立っていないが、心強い限りだ。

 是非とも、万全の態勢で通常開催が行われる日が来ることを楽しみにしたい。

JRA「余力十分」無観客開催で休業中のバイトにも「6割補償」!? 宝塚記念(G1)以降の通常開催再開の見通しは……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!