NEW

パチスロ『沖ドキ!』設置期限「延長」へ…いま一度「攻略要素」を確認

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ『沖ドキ!』設置期限「延長」へ…いま一度「攻略要素」を確認の画像1

 土壇場での延命。状況が状況だけに素直に喜べるものではないが、アクロスが発売したロングヒットタイトル『沖ドキ!』の、6月1日以降の設置が認められた。今なお高稼働を誇るだけに、撤去するホールは少ないと予想できる。

 ご存じの通り、本機は70G継続のビッグ、30GのREG、計2種類の疑似ボーナスで出玉を増やす仕様。1G純増は約3.0枚で、それぞれ210枚、90枚の獲得が見込める。

 通常時は毎ゲーム、成立役とモードを参照してボーナス抽選が行われ、確定役・確定チェリー・中段チェリーはボーナス確定。ボーナス当選時は超ドキドキモード移行のロングフリーズ抽選が行われ、中段チェリーは2回に1回の割合でロングフリーズへと発展する。

 モードは全8種類で、天国以上への移行は32G以内の連チャン確定。ドキドキモードは80%以上、超ドキドキモードは約90%以上で同モードをループするので、ひとたび移行すれば一撃大量出玉が狙える。

 次回モードはボーナス告知時のハイビスカスランプ点灯パターンで示唆され、「同時点滅」は通常B以上、「右のみ点滅」は天国以上、「左のみ点滅」はドキドキ以上、「点滅時ドキドキランプ点滅」は超ドキドキが濃厚。

 ボーナステンパイ時のSPテンパイ音も次回天国以上のサインで、セリフ「ラッキー!」はドキドキ以上、「超ラッキー!」は超ドキドキを確信してよい。

 ボーナス中は成立役に応じて1G連抽選が行われ、「カナちゃんランプ」点灯で1G連確定。ただし、押し順ベルやリプレイでのカナちゃんランプ点灯は天国以上滞在時の8分の1で規定ゲーム数0が選ばれた際に発生する演出であり、厳密にはボーナス中の1G連当選ではない。

 本機は様々な立ち回り方法がある点も人気要因のひとつで、高設定狙い時は通常A&B滞在時のボーナス出現率、モード移行割合、共通ベル出現率などに着目(奇数設定→連チャンしにくくループしやすい、偶数設定→連チャンしやすくループしにくい)。

 高モード狙いは天国間で複数回ハマっている台がターゲットで、朝イチチャンスモードでの早期初当り→32Gヤメの台を打つ、いわゆる「リセB」狙いも効果的だ。

 最大天井は通常A&B滞在時の999G。大ハマリ台は狙い目となるが、天井に到達してもボーナスが確定するだけなので、過度な期待は禁物だ。

 ヤメ時はボーナス終了後32Gが基本。引き戻しに移行する可能性がある天国or保証後に関しては、同モードの最大天井199Gまで様子を見るのもありだ。


 

パチスロ『沖ドキ!』設置期限「延長」へ…いま一度「攻略要素」を確認のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事