NEW

甘デジ「唯一無二」の貴重なマシン!「レトロ風味」あふれる「遊べる」パチンコ!!

【この記事のキーワード】

, ,

甘デジ「唯一無二」の貴重なマシン!「レトロ風味」あふれる「遊べる」パチンコ!!の画像1

 人が知らないモノやコトがカッコいいと勘違いするのは中学生までに卒業するものだが、どこでどう人生を間違えたのか、私は今でもそうなのである。

 メジャーよりはマイナー、売れてるものより売れてない、そういう中に「面白い」が潜んでいると思ってしまうのである。

 当然、パチンコでもこのメンタリティが発揮され、広義において局地的な機種を好む傾向にある。だから勝てないんだろと言われれば返す言葉もないが、多層な価値観を持つことは余暇や趣味に限らず、人生において有益だと言い訳している。意味のないことに意味があるのである。

 このようなカウンターなり逆張りには「稀少性」が内在するので、価値がないとも言い切れないだろう。パチンコに稀少性を求めた場合、もっともイージーに探り当てることができるのが「PB機」である。

 そのPB機で抜きん出た存在なのがダイナムで、過去多くのPB機を人知れず量産してきたのである。とはいっても、基本的には既存のリリース機種をダイナム仕様に変えるパターンが主流となるのだが、ごくまれに完全なオリジナルマシンが市場投入されることもある。

 それが『CRAぴかパチ』である。

 豊丸が製造した7セグ表示の甘デジで、大当り確率が1/89.9、ST突入率100%、ST8回転が基本的な仕様となっているが、高確率が1/9.9と高く連チャンを楽しめる『89R DS1』と高確率が1/25.7の連チャン力抑えめながら出玉が前者より多く獲得できる『T DS1』の2タイプが用意されている。

 ただ、どちらのタイプもヘソでも電チューでも大当りの半分が15R出玉になっており、長時間まったりと遊技できるようなコンセプトの元に開発された機種なのである。

 とはいっても、私が大いに惹かれたのは演出面。その変に着飾らない実直な演出は良い意味でチープトリックであり、私にとっては天国の罠であり蒼い衝動なのである。

 そういった演出群で特に印象的なのが「ハッピールーレット」である。これは盤面の下に巨大な1リールドラムが作動するラウンド抽選で、そのアナロギーな動きが愛おしい。なかでも、ドラムの変動に合わせてダイナムオリジナルキャラの歌が流れてくるパターンは最高なのである。

甘デジ「唯一無二」の貴重なマシン!「レトロ風味」あふれる「遊べる」パチンコ!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事