NEW

JRA安田記念、アーモンド? インディ? ダービーとは正反対の波乱必至!? 【過小評価された爆弾穴馬】含む馬連3点勝負!

【この記事のキーワード】

, ,

昨年の安田記念も波乱となったが…

 ヴィクトリアマイルをアーモンドアイが圧勝し、オークスはデアリングタクトが無敗で牝馬二冠を達成、そして先週の日本ダービーは、コントレイルが父ディープインパクトを彷彿させる圧勝で二冠を成し遂げた。本来であれば東京オリンピックが行われる記念すべき2020年春のG1レースだったが、コロナウイルスの影響で無観客開催となってしまい、それらの伝説的なレースをライブで観戦できなかったのは残念である。

 無観客開催は6月末の宝塚記念まで継続されることが決定しており、今週末に行われる安田記念(G1)も豪華メンバーがそろいながらファンのいない静かな競馬場で行われる。その安田記念はJRA(日本中央競馬会)初の芝G1レース8勝を狙うアーモンドアイを筆頭に、昨年の覇者でマイル王のインディチャンプ、昨年の日本ダービー2着ダノンキングリー、そして昨年の桜花賞馬グランアレグリア、レーンが騎乗するダノンプレミアム、香港マイルの優勝馬アドマイヤマーズ、京王杯スプリングカップ(G2)を勝利したダノンスマッシュ、ミスターメロディ、ペルシアンナイト、ノームコアとまさに最高レベルの実力馬が揃った。

 競馬ファンは今週も自宅観戦となるが、ライブで見られない悔しさは馬券を的中させてスッキリさせたいところ。そこで今週は、競馬情報を知り尽くす大物関係者が在籍する「競馬セブン」から、安田記念の的中に繋がる最新情報を聞き出すことにした。

 競馬セブンは先週の日本ダービーを含め春のG1レースで的中を連発。特に天皇賞・春は3連単5万5200円の万馬券を仕留め、日本ダービーは10番人気馬の激走を見抜いてパーフェクト的中を達成している。さらに驚くべきことに、春競馬は14週間でなんと19の重賞レースを的中。その中には3連単11万9820円のフィリーズレビュー(G2)、万馬券となった前述の天皇賞・春や皐月賞、さらに安田記念の前哨戦である京王杯スプリングカップの万馬券も的中と惚れ惚れする実績。競馬セブンがこれだけの結果が残せるのは、競馬界を代表する大物関係者が揃い、万全の情報収集体制が整っているからだろう。

好メンバーが揃い混戦模様

 その人材は元JRAの騎手で元JRA競馬学校の教官も勤め、福永祐一騎手などを育てた徳吉一己、元競馬専門紙「勝馬」の看板トラックマンで競馬記者歴46年、今も凄腕の現役競馬記者として駆け回る古川幸弘、さらに元JRA調教師の嶋田潤、小原伊佐美、二本柳俊一、元札幌馬主会理事で馬産地日高の帝王との異名を持つ斉藤隆、元社台スタリオンステーション荻伏の場長で、社台グループ一強の基礎を築いた林勲といった競馬界の超大物関係者が所属し、全国の情報収集を管理。現代競馬の中心となる4大ネットワークの「トレーニングセンター・馬主・馬産地・社台グループ」に関する情報を元に、厳選に厳選を重ねた「最終予想」を競馬ファンに提供、まさに数々の伝説となる的中を生み出してきた。

 そして安田記念に関しては、以下のようにその見解を伝えている。

「競馬ファンの皆様はアーモンドアイの一択でしょ、と考える人も多いでしょう。しかし、一筋縄ではいかないのが、この安田記念というレース。最近10年はすべて3連単4万馬券以上の決着で、そのうち7回が10万馬券以上の高配当決着。平均配当も馬連8211円、3連単22万5996円ととんでもなく荒れるレースです。1番人気は4連敗中で、まさに日本ダービーとは正反対

 実際に昨年はマスコミも競馬ファンも、アーモンドアイとダノンプレミアムの一騎討ちムードで、その2頭の馬連オッズはなんと2.8倍でした。

 今年も人気を集めるだろう有力馬の中には、関係者の中でも不安材料が囁かれている馬が何頭もいるように、実績や血統、騎手だけで見ず、慎重にジャッジすべき状況となっています。

 競馬セブンはアーモンドアイとダノンプレミアムでは決まらない』とお伝えし的中をお届けした昨年を含め、ここ3年で2度的中。特に馬連を仕留めて104万8000円を獲得した2017年の興奮を、忘れられない競馬ファンも多いことでしょう。

競馬ファンなら誰もが憧れる100万円超えの払戻

 今年も狙うべき馬は、我々が確信する勝負馬から、半数以上がG1ホースという目移りしそうな好メンバーの影で、【過小評価されている爆弾穴馬】を含む相手3頭まででOK。この爆弾穴馬に関しては、他の有力馬にマスコミが集中しているおかげで、逆にノーマークとなっており、スポーツ紙や競馬専門紙の印も薄く配当期待値も上がる一方。

 競馬セブンはレースの格に関わらず、自信のあるレースの的中率は破格の数字を記録していますが、特にG1レースや重賞は好調です。この安田記念は完全的中をお届けした日本ダービー以上の勝負となりそうです。ぜひ競馬セブンの情報を見逃さないで下さい!」

 この話からもわかるように、安田記念はとにかく波乱必至の荒れるレースだ。そして昨年も1番人気アーモンドアイが初めて3着以下に敗退したレースであり、400倍の万馬券となっている。今年も同様にレースのカギとなる穴馬を競馬セブンは掴んでいるようだが、残念ながらレース前の公開は不可能とのこと。しかし、競馬ファンへ朗報だ。なんと今回競馬セブンはレース当日に、ギリギリまで情報をチェックした安田記念の最終情報「穴馬を含む馬連3点勝負」を無料で公開してくれるというのだ。

 競馬予想において重要なのは「正確な情報」をどれだけ多く集めることができるか、そしてその情報を正確に分析することができるかである。競馬界屈指のプロフェッショナル集団といわれる「競馬セブン」が提供する予想は、業界屈指の情報力によってもたらされた「正確な情報」を、業界屈指のプロ達が「分析」するのだ。これ以上価値のある「安田記念情報」は他に存在しないといっても過言ではない。しかもそれを無料で利用できるのだから、このチャンスを逃せば一生後悔することになるだろう。

 安田記念が終わっても競馬は終わらない。今週から始まる2歳戦、そして月末のグランプリ宝塚記念へ向けて、競馬セブンは更なる無料情報を多く公開していくとのこと。夏競馬でより稼ぐためにも、ぜひ競馬セブンの情報を利用しよう。

CLICK→【無料公開!安田記念・「穴馬含む馬連3点勝負!」】競馬セブン

※本稿はPR記事です。

JRA安田記念、アーモンド? インディ? ダービーとは正反対の波乱必至!? 【過小評価された爆弾穴馬】含む馬連3点勝負!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!