NEW

甘デジ「確変を役物で決定」する国宝級の面白さ!? まさに「おいしい」傑作!!

【この記事のキーワード】

, ,

甘デジ「確変を役物で決定」する国宝級の面白さ!? まさに「おいしい」傑作!!の画像1

「勝ったら“ジロウ”ね」

 昼飯を奢れというウイニングイレブン勝負である。私はラーメン二郎が苦手なので「天下一品」を所望した。2-2で迎えた後半44分に追加点を奪われ逆転負け。ちょうどお腹も空いてきたので、ご飯を食べに出かけた。

「やっぱり本店だよな」と友人がいうので山手線に乗り換えたがなぜか有楽町で降りた。特にラーメン二郎に詳しくはなかったが、この辺に二郎があるとは聞いたことがなかったので、友人に確認するも意味ありげな笑いを示すばかりである。

 有名な宝くじ売り場をすぎると不意にビルの地下に入っていき、木で作られた上品な看板を指差しながら「ここ。次郎本店」と宣ったのである。すきやばしのほうかい! お前は馬鹿かと制止する私を振り切り店内へ入っていく友人。お店の人に声をかけている。

 おいおいふざけんなよ。いくらかかるんだよ。そんな金持ってるわけねーだろ。と焦りまくる私に振り返った友人は「予約ないとダメだって」と血の気の引いた私に爆笑していた。こういうやつである。

 寿司といえばもっぱら回る専門の私にはたいした寿司エピソードがないが、『CR寿司だニャン』はすきやばし次郎にも劣らない名品である。

 本機の特徴はなんといっても確変を役物で抽選するゲーム性だろう。大当りラウンド中に液晶の下に搭載された回転体によって確変か通常かが決められる。大当り2、3、4ラウンドでは盤面上部に設置された電チューアタッカーによって出玉を獲得するのだが、その中の一発は垂直に投下する貯留ポケットに収納され、下段ステージに放出。

 下段ステージには回転体へ導くための穴が左・右・中の3つ用意されている。左右のクルーンによる通過は回転体の下に運ばれ、1/5による抽選となるが、真ん中のルートは確変が確定する超激アツルートとなっている。

 この確変の抽選は2、3、4ラウンドそれぞれで行われ、そのうち1回でも回転体の「祝」ポケットに入賞すれば確変となる。メーカーによる確変突入率は65%。3回に2回くらいは確変を獲得できる計算である。

 収納ポケットからのリリースタイミングはアタッカーへの3個入賞時であるが、微妙に制御されている印象もあるので出来レースの可能性が頭をよぎるが、役物に命運をゆだねた真正の物理抽選であるようだ。

 肝となるのは左右のクルーン。ここの粘り、あるいは粘らなさによって目に見える回転体の「祝」タイミングを見計らいながら一喜一憂するのが本機の習いとなる。

甘デジ「確変を役物で決定」する国宝級の面白さ!? まさに「おいしい」傑作!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事