NEW

パチンコ「斬新スーパーST」「一撃34連チャン」など「激アツ機」が集結。営業再開を盛り上げる新台特集

【この記事のキーワード】

, , ,

パチンコ「斬新スーパーST」「一撃34連チャン」など「激アツ機」が集結。営業再開を盛り上げる新台特集の画像1

 多くのホールが営業を再開し、好反響を得ている各メーカーの新機種。『Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2』や『P 10カウントチャージ 絶狼』の活躍が目立っている印象だが、他にもファン心をくすぐる機種が存在する。

 そこで今回は、営業再開のホールを盛り上げてくれそうなパチンコ新機種をピックアップ。新機能「遊タイム」搭載マシンや、高い一撃性を有した機種など魅力的なラインナップだ。

Pデカビスカス』(西陣)

 大当り確率1/26.99の確変ループタイプで「34回のリミット機」。確変突入率は100%で、大当り出玉の振り分けは75%が約120発(2R)、25%が約300発(5R)となる。

 平均でも「5610発」が見込め、最大で「1万200発」の獲得が可能。終了後の保留4回転で再び大当りを引けば「さらに34連チャン」という高い一撃性を実現した。

P戦国BASARA』(ニューギン)

 大当り確率は1/228.34のライトミドルタイプで、初当り後は98%が4R通常となり時短100回が付与される。そこで大当りを引き戻せれば「戦国創世RUSH」へ突入する。RUSH突入時の期待値は「8000発オーバー」と、他のライトミドルを圧倒する出玉性能は魅力だ。

Pフィーバー真花月2 夜桜バージョン』(SANKYO)

『フィーバー花月』シリーズ最新作が「遊タイム」を有した仕様で登場。大当り確率1/199.8のライトミドルスペックで、大当り終了後は例外なくST100回の確変へと突入する。

 最大の目玉である「遊タイム」へは通常遊技「500回転」消化で突入。規定回数が近付くとカウントダウンが発生し、カウントがゼロになるとチャンスタイムと銘打たれた「759回転」のロング時短がスタートする。大ハマリ台は絶好の狙い目となりそうだ。

パチンコ「斬新スーパーST」「一撃34連チャン」など「激アツ機」が集結。営業再開を盛り上げる新台特集のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!