NEW

JRA武豊×池江泰寿調教師「昨日の敵は今日の友」タッグ結成!? 菊花賞2着サトノルークスを負かした“ワールドでプレミアな手腕”に期待

【この記事のキーワード】

, , ,

JRA武豊×池江泰寿調教師「昨日の敵は今日の友」タッグ結成!? 菊花賞2着サトノルークスを負かしたワールドでプレミアな手腕に期待の画像1

 今週6日に阪神競馬場で鳴尾記念(G3)が行なわれるが、そのレースに菊花賞2着馬サトノルークス(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)が始動する。

 かつて全国リーディング争いの常連だった池江厩舎だが、このところは力を発揮できておらず、今年は16位に甘んじている。苦しい戦いが続いているが、今週出走させるサトノルークスで、浮上のきっかけを掴みたいところだ。

 そのサトノルークスの鞍上に武豊騎手が決まったのだが、じつは武騎手が池江厩舎の馬に跨がるのは、去年の12月以来で今年初の騎乗になる。

「昨年の菊花賞は、サトノルークスに福永祐一騎手を乗せましたが2着で、勝ったのは勝負強い武騎手が騎乗したワールドプレミアでした。

あと一歩だったサトノルークスで再びG1に出走するためにも、池江厩舎は鳴尾記念で賞金を加算したいでしょうね。こういう時に、菊花賞で見せた強烈な勝負強さを発揮する武騎手に頼るのは、旧知の間柄であれば、当然の流れなのかもしれませんね」(同)

 2人は同じ1969年の生まれで、お互い早生まれのため学年も同じ。父親が中央競馬の騎手、そして調教師の仕事をしてきたことから、2人も栗東に住み同じ学校に通った幼馴染みだ。

 かつて『日刊スポーツ』の取材を受けた2人は、武豊騎手が「学校で2人が会えば競馬の話ばかりしていた、気持ち悪い小学生やった(笑い)」と振り返れば、池江泰調教師も「当時から、技術で動かすというか、最小の扶助で馬を動かすという意識がついて、今のユタカがあるんやないかな」と思い出話に花を咲かせている。

 他の騎手と調教師の関係とは少し異なる特別な絆が、この2人にはあるのだろう。

 武騎手としてはサトノルークスに乗るのは、絶好の重賞制覇のチャンスだ。勝って陣営に、この馬の初重賞をプレゼントするつもりだろう。鳴尾記念の池江調教師と武騎手のコンビに、改めて注目してみたい。

JRA武豊×池江泰寿調教師「昨日の敵は今日の友」タッグ結成!? 菊花賞2着サトノルークスを負かした“ワールドでプレミアな手腕”に期待のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!