NEW

JRA雨予報で「超大穴」急上昇!? 調教師「楽に行かせてもらえれば、開ける道はある」5年3連対”単騎逃げ”に今年も激走気配

【この記事のキーワード】

, ,

JRA雨予報で「超大穴」ミスターメロディ急上昇!? 藤原調教師「楽に行かせてもらえれば、開ける道はある」連対率60%単騎逃げに激走気配の画像1

 7日、東京競馬場で行われる安田記念(G1)。今年は史上最多となる芝G1・8勝目を狙うアーモンドアイを筆頭にG1馬10頭が集う歴史的な豪華メンバーとなった。

 だが、ハイレベルなライバルが多ければ多いほど、マークが薄れるのが「逃げ馬」である。

 実際に、過去5年の安田記念でハナに立ってレースの主導権を握った馬は3度も連対している。当たり前だが、道中で先頭に立つ馬は1年に1頭。つまり5頭中3頭が馬券に絡んでいるということだ。前が止まりにくい、この時期の東京コースの“恩恵”に最大限活かせるのは、紛れもなく逃げ馬だろう。

「スタートを決めて、ハナに行きたいね――」

 そんな中、今年も「逃げ宣言」が飛び出した。一発を狙うのは昨年の高松宮記念(G1)を制したスプリント王ミスターメロディ(牡5歳、栗東・藤原英昭厩舎)だ。

 もしかしたらG1馬10頭の中で、最も注目されていないかもしれない。しかし、人気がないことは逃げ馬にとってアドバンテージでしかないことは、競馬ファンなら誰もが知るところだろう。

「入った枠もいいですね。6枠10番は、ここ10年で3勝の好枠。今年はこれといった逃げ馬がいませんし、内にいる先行馬の動向を見ながら、すんなりハナに立てれば面白い存在になりそうです。

京王杯スプリングC(G2)で逃げたダノンスマッシュが大外枠に入ったのも、楽に逃げたいミスターメロディにとっては追い風。藤原調教師も『楽に行かせてもらえれば、開ける道はある』と意気込んでいましたよ」(競馬記者)

 ミスターメロディにとって、高松宮記念と同じワンターンの左回りはベストの条件。実際に昨秋には、陣営が左回りを求めてダートのJBCスプリント(G1)に出走させたほどのサウスポーだ。

 それでも人気薄に留まっている最も大きな要因は、主戦場が1400m以下でマイル実績がほぼないことに尽きるだろう。

JRA雨予報で「超大穴」急上昇!? 調教師「楽に行かせてもらえれば、開ける道はある」5年3連対”単騎逃げ”に今年も激走気配のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!