NEW

あわやJRA新記録「単勝606.8倍」の激走で騒然!? 鳴尾記念(G3)10歳馬サイモンラムセス、引退レースで見せた輝きに「絶賛の声」続々

あわやJRA新記録「単勝606.8倍」の激走で騒然!? 鳴尾記念(G3)10歳馬サイモンラムセス、引退レースで見せた輝きに「絶賛の声」続々の画像1
サイモンラムセス JBISサーチより

 6日、阪神競馬場で行われた鳴尾記念(G3)は、10番人気のパフォーマプロミス(牡8歳、栗東・藤原英昭厩舎)が優勝。昨年の天皇賞・春(G1)以来の競馬となる、今年8歳の古豪が健在ぶりを見せつけた。

 その一方、最後の最後に強烈な輝きを放ったのが、もう1頭の古豪サイモンラムセス(牡10歳、栗東・梅田智之厩舎)だ。

 ここまで4戦連続で最下位。さらに言うなら、4戦連続で最下位人気……。キャリア68戦目、ラストランを迎えたこの日も単勝606.8倍と、率直に述べてサイモンラムセスの激走に期待しているファンは、ほぼ皆無に等しい状況だった。

 しかし、最後の直線をほぼ最後方で迎えたサイモンラムセスは、そこから末脚を爆発させる。鞍上の川須栄彦騎手のゲキに応え、メンバー2位となる上がり3ハロン35.3秒の末脚で4着まで追い上げてゴールした。

「正直、びっくりしました。(サイモンラムセスを管理する)梅田調教師も『ラストランだし、悔いのない仕上げ。今年一番と言っていい』と話していたんですが、まさかここまでやる力が残っていたとは……陣営も引退を撤回したくなるような激走でした。

JRAの単勝記録569.4倍を超える単勝606.8倍も然ることながら、10番人気パフォーマプロミスが勝ったことから、複勝でも万馬券になる可能性もありました。素直におつかれさまでしたと言ってあげたいです」(競馬記者)

 この結果を受け、ネット上の競馬ファンもSNSや掲示板を通じて「サイモンラムセスの激走はビックリ」「これは拍手!」「馬券、買っとけばよかった」など「おつかれさま」という温かい声が続々……中には、感動のあまり泣いてしまったファンもいたようだ。

「実は先日(4日)に行われた交流重賞・北海道スプリントC(G3)でも、10歳馬のメイショウアイアンが優勝して大きな話題になりました。メイショウアイアンはマヤノトップガン産駒でしたが、今度(サイモンラムセス)は母父がマヤノトップガンですか(笑)。

思い出されるのは、2年前の宝塚記念(G1)ですね。サイモンラムセスは14番人気の大穴だったんですが、スタートから果敢にハナに立って……いわゆる“テレビ馬”というやつで、3コーナーで小牧太騎手が早めのスパートをかけて、後続を2馬身ほど突き放した時は、一瞬だけ夢を見ました。

小牧騎手が乗ってから逃げ馬になったんですが、最後は本来の切れを活かした原点回帰の競馬でしたね。ナイスランでした」(別の記者)

 レース前、『デイリースポーツ』の取材に応じた澤田昭紀オーナーによると、今後は北海道日高町のサンシャイン牧場で繋養され、種牡馬入りを目指すことになりそうなサイモンラムセス。

 8年前の2012年、単勝168.8倍でデビューした“苦労人”が最後まで“らしい”走りを見せてくれた。

あわやJRA新記録「単勝606.8倍」の激走で騒然!? 鳴尾記念(G3)10歳馬サイモンラムセス、引退レースで見せた輝きに「絶賛の声」続々のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!