NEW

JRA武豊アイスストームVS連覇狙うレイエンダ! サリオス姉サラキアも虎視眈々、過去10年8勝「4歳勢」にもチャンスあり【エプソムC(G3)展望】

【この記事のキーワード】

, ,

JRA【エプソムC(G3)展望】武豊アイスストームVS連覇狙うレイエンダ! サリオス姉サラキアも虎視眈々、過去10年8勝「4歳勢」にもチャンスありの画像1

 14日には、東京競馬場でエプソムC(G3)が行われる。昨年の覇者レイエンダ(牡5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が人気を集めそうだ。

 昨年は単勝5番人気という伏兵扱いだったレイエンダ。それまでは、ほぼ差し一辺倒の競馬しか見せていなかったが、2番手追走から直線しぶとく脚を伸ばし、重賞初制覇を飾った。

 その後は距離を延ばし新潟記念(G3)で重賞連勝に挑んだが10着に惨敗。秋以降はマイル路線に切り替え、富士S(G3)が2着、マイルCS(G1)で15着、年が明けて東京新聞杯(G3)が8着、そして前走のダービー卿CT(G3)は3着と勝ち切れない競馬が続いている。

 今回は距離をベストの1800mに戻し、鞍上にはマイルCS以来のC.ルメール騎手が騎乗する予定だ。秋のG1路線に進むためにも1年ぶりの勝利がほしい。

JRA【エプソムC(G3)展望】武豊アイスストームVS連覇狙うレイエンダ! サリオス姉サラキアも虎視眈々、過去10年8勝「4歳勢」にもチャンスありの画像2
アイスストーム JBISサーチより

 打倒レイエンダの筆頭は、武豊騎手が騎乗を予定しているアイスストーム(牡5歳、栗東・吉村圭司厩舎)だ。

 前走は、今回と同じ舞台のメイS(OP)で直線インコースに潜り込むと、末脚を伸ばし、差し切り勝ちを収めた。東京1800mは通算「2-0-1-0」とベストの条件。これまでの5勝は全て4~6月に挙げており、得意の季節に重賞初制覇を狙う。

 レイエンダとアイスストームを追うのは、サラキア(牝5歳、栗東・池添学厩舎)とサトノアーサー(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)のディープインパクト産駒2頭だ。

JRA【エプソムC(G3)展望】武豊アイスストームVS連覇狙うレイエンダ! サリオス姉サラキアも虎視眈々、過去10年8勝「4歳勢」にもチャンスありの画像3

 ディープインパクト産駒はこのレース過去10年で4勝しており、相性は抜群。実際、サラキアは昨年このレースで逃げて2着に粘った実績がある。「0-1-0-7」となぜか牝馬限定戦を苦手にしているが、「2-2-1-2」と得意とする牡馬との一戦で久々勝利を狙う。半弟のサリオスはG1馬となり、この春は皐月賞とダービーで連続2着に入った。姉として意地を見せたいところだろう。

JRA【エプソムC(G3)展望】武豊アイスストームVS連覇狙うレイエンダ! サリオス姉サラキアも虎視眈々、過去10年8勝「4歳勢」にもチャンスありの画像4

 もう1頭のディープインパクト産駒、サトノアーサーは2年前の覇者。ここ3戦はリステッド競走ですべて1番人気を裏切っているが、3→2→3着と堅実だ。通算でも18戦して、7着以下は2回だけ。その2戦は日本ダービー(10着)と菊花賞(11着)なので、G3なら必ず上位争いに加わってくるだろう。

 穴っぽいところでは、4歳牝馬の2頭に注目したい。エプソムCは4歳馬が非常に強く、過去10年で8勝を挙げているが、今年は有力馬のほとんどが5歳以上。人気がなくても4歳馬の勢いには注意しておくべきだ。

JRA武豊アイスストームVS連覇狙うレイエンダ! サリオス姉サラキアも虎視眈々、過去10年8勝「4歳勢」にもチャンスあり【エプソムC(G3)展望】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!