NEW

JRA安田記念(G1)インディチャンプは余裕の消し! VSアーモンドアイの「爆穴」投入!? 「緻密な馬場読み」こそが勝利への最短ルート

【この記事のキーワード】

, ,

JRA安田記念(G1)インディチャンプは余裕の消し! VSアーモンドアイの「爆穴」投入!? 「緻密な馬場読み」こそが勝利への最短ルートの画像1

 7日、日曜東京のメイン・安田記念(G1)はG1馬10頭が出走する豪華な顔ぶれとなった。「最強女王」アーモンドアイのG1・8勝達成に大きな注目が集まるが、牝馬限定のヴィクトリアマイル(G1)と相手が強化される安田記念(G1)の壁は少なからずある。

 不利があったとはいえ、昨年3着に敗れたこのレースにこそ、穴党にとっても女王打倒のチャンスだ。今回、注目したいのは東京競馬場の高速馬場である。「馬場読みマイスター」与田飛鳥が「東京」の芝の傾向をチェックして安田記念を読み解く。

 今年の東京開催の芝1600m条件で行われた重賞は東京新聞杯(G3)、クイーンC(G3)、NHKマイル(G1)、そしてアーモンドアイが圧勝したヴィクトリアマイル(G1)の4つ。絶対能力の抜けていたアーモンドアイはともかく、その他の勝ち馬はすべて内を通った馬だった。

 東京新聞杯のプリモシーンは1枠1番、クイーンCのミヤマザクラも1枠1番、NHKマイルCのラウダシオンは逃げたレシステンシアを徹底マークする2番手の競馬だったように、最短距離をいかにロスなく走ることができるかが勝利へのキーとなりそうだ。

 また、注意が必要なのは前が止まらない絶好の馬場であることだ。芝1600m戦の5月の東京開催で最も遅かった特別戦の勝ち時計は30日の葉山特別(2勝クラス)の1分33秒3、2番目が16日に行われた稍重の湘南S(3勝クラス)の1分33秒2だった。

 さらに大きな特徴となっているのが、対象8レースのうち、6レースで直線4番手以内にいた馬が勝利していることである。要は現在の東京の芝コースを後ろから回していては勝てないということがわかる。

 勝利に必要な条件は「内枠、先行脚質、持ち時計」を満たしていることが望ましい。

JRA安田記念(G1)インディチャンプは余裕の消し! VSアーモンドアイの「爆穴」投入!? 「緻密な馬場読み」こそが勝利への最短ルートの画像2

 まず「◎」はダノンキングリー(牡4歳、美浦・萩原清厩舎)だ。

 前走の大阪杯(G1)を逃げて3着に敗れたが、割り引く材料とはならない。この馬は昨年のマイルCS(G1)でも5着に敗れているように3着以内をはずしたことがない関東とは異なり、関西での競馬はパフォーマンスが落ちる傾向にある。目標にされて3着なら距離短縮の今回は大幅な前進が見込めるだろう。東京コースは昨年の毎日王冠(G2)でアエロリットやインディチャンプを差し切った舞台。インディチャンプが人気するならこちらに妙味があるだろう。

 ここ3戦手綱を取った横山典弘騎手から主戦・戸崎圭太騎手に戻ることも好感だ。骨折で半年ぶりの復帰となった戸崎騎手だが、土曜東京で2勝をあげて復調気配。復活の狼煙をあげるには絶好の機会だろう。極めつけは2枠2番の絶好枠を引けたこと。条件は揃った。

JRA安田記念(G1)インディチャンプは余裕の消し! VSアーモンドアイの「爆穴」投入!? 「緻密な馬場読み」こそが勝利への最短ルートのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!