NEW

JRAルメール「まだ子供」 サトノフラッグ全妹サトノレイナスがデビュー勝ち! 国枝厩舎からまた女傑候補誕生か!?

【この記事のキーワード】

, ,

JRAルメール「まだ子供」 サトノフラッグ全妹サトノレイナスがデビュー勝ち!国枝厩舎からまた女傑候補誕生か!?の画像1

 7冠馬アーモンドアイを擁する国枝栄厩舎に新たな女傑候補がデビューした。

 7日、日曜東京5Rメイクデビューは単勝オッズ1.4倍の圧倒的1番人気に支持されたサトノレイナス(牝2、美浦・国枝栄厩舎)が快勝。全兄で弥生賞ディープインパクト記念(G2)を勝ったサトノフラッグの期待の良血が鮮やかにデビュー勝ちを飾った。

 兄はデビュー戦を6着に敗れたが、妹は初戦からしっかりと結果を残した。

 デビュー戦の2歳牝馬としては将来性を感じる競馬だ。1600m戦の前半3Fが38秒という超スローペースの5番手を追走。当然ながら前に行った馬が残る展開を上がり3F最速となる34秒1の末脚で差し切った。

 2着馬とは3/4馬身差だったものの、着差以上に余裕のある勝ちっぷりだったといえる。直線では外にもたれながらの追い出しで、C.ルメール騎手も「まっすぐに走ったらもっと楽勝だった」と素質を高く評価した。

「お兄さんもそうでしたが、スパッと切れる一瞬の脚はないかもしれません。その代わりいい脚を長く使うタイプですね。デビュー戦もスローペースを後方から追走しましたが、東京の長い直線でも脚が鈍ることなく前の馬を捉えました。

ルメール騎手が直線でムチを入れていましたが、手応えは終始楽だったようです。今日の感じだと距離が伸びた方がよさそうな印象ですね。上積みも大きそうですし、次走も楽しみな内容だったと思います」(競馬記者)

 国枝調教師が「まだ7、8分」とコメントしたようにまだまだ伸びしろはありそうだ。

 近年は早い時期に賞金を稼いで秋に備えるローテーションを採用する陣営も増えて来た。デビュー勝ちを決めたことで目標のレースから逆算して使えるのは大きい。

 血統的には忙しい距離の桜花賞(G1)よりもオークス(G1)が向いていそうな雰囲気もある。この後は一旦放牧に出して復帰は秋になりそうだ。

 次走ではどんな成長を見せてくれるのか楽しみな1頭だ。

JRAルメール「まだ子供」 サトノフラッグ全妹サトノレイナスがデビュー勝ち! 国枝厩舎からまた女傑候補誕生か!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!