NEW

JRA安田記念(G1)アーモンドアイは「何故」負けたのか。最強女王に立ちはだかった「8冠」の壁

【この記事のキーワード】

,

JRA安田記念(G1)アーモンドアイは「何故」負けたのか。最強女王に立ちはだかった「8冠」の壁の画像1

 7日、東京競馬場で行われた安田記念(G1)は池添謙一騎手の3番人気グランアレグリアが快勝。単勝オッズ1.3倍の圧倒的1番人気に支持されたアーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)は2着と敗れた。

 史上初「8冠」達成の歴史的な日になるかもしれなかった。

 ヴィクトリアマイル(G1)をノーステッキで楽勝していたアーモンドアイ。陣営が中2週の安田記念への参戦を決断したのは圧倒的な強さを見せたため、ダメージが残らなかったからである。

 前走後に「これからも負けないですね」とC.ルメール騎手が豪語した最強女王の勝利を信じたファンも断然人気に推した。

 だが、予期せぬアクシデントが起こった。

 スタートで尻もちをつくような形となり、後手を踏んで後方からの競馬を強いられた。これについては「出遅れはあったが、うまくリカバーできた」とルメール騎手も影響は少なかったと振り返った。だが、直線に入ってからいつものような末脚が見られず、インディチャンプを交わして2着に上がるのが精いっぱいだった。

 敗れたとはいえ、アーモンドアイが力を発揮していた可能性は十分に考えられる。実際に、昨年の安田記念で不覚を取ったインディチャンプには先着してみせた。誤算があったとすれば、さらに2馬身半先にグランアレレグリアという新たな強敵の姿があったことではないだろうか。

 アーモンドアイにとって完璧なレースが出来たとはいえないが、グランアレグリアの上がりが3F33秒7の最速だったことに対し、アーモンドアイは33秒9と後れを取った。結果としては完敗を認めるほかない。

 絶対的な信頼を寄せていたパートナーの敗戦にルメール騎手は「本来の彼女なら、もっといい脚を使えたはず……」とコメントするので精一杯。管理する国枝栄調教師も「それにしても反応がちょっとね……」と中2週で挑んだ影響に敗因を求めるしかなかった。

「状態に問題がなかったことが安田記念出走の決め手となった訳ですから、アーモンドアイ陣営にとって、この敗戦はかなりのショックでしょう。ですが、インディチャンプはしっかり負かしていますし内容としては悪くなかったことも事実です。

今日のところは、アーモンドアイが走らなさ過ぎたというよりも、グランアレグリアが強過ぎたといえるかもしれませんね。残念ながら『8冠』達成はお預けとなってしまいましたが、秋にまた元気な姿で戻って来てくれることに期待しましょう」(競馬記者)

 誰もが勝利を疑わなかったなかでまさかの敗戦を喫したとはいえ、これで競走生活が終わったわけではない。

 アーモンドアイの挑戦はまだまだ続く。

JRA安田記念(G1)アーモンドアイは「何故」負けたのか。最強女王に立ちはだかった「8冠」の壁のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!