NEW

JRA安田記念「不参加」武豊“空き巣”大失敗でリーディングに暗雲!? 1番人気4度も単勝1.4倍「大器」ポタジェで痛恨の敗戦

【この記事のキーワード】

, ,

JRA安田記念(G1)「不参加」武豊空き巣大失敗でリーディングに暗雲!? 1番人気4度も単勝1.4倍「大器」ポタジェで痛恨の敗戦の画像1

 7日、東京競馬場では、この春1番の豪華メンバーとなった安田記念(G1)が行われたが、その“裏開催”でひっそりと荒稼ぎを狙っていたのが、現在リーディング3位に奮闘中の武豊騎手だ。

 リーディング3位とはいえ、先月わずか6勝とやや失速気味の武豊騎手。リーディング争いを展開するC.ルメール騎手や川田将雅騎手、福永祐一騎手などの有力どころが揃って東京に遠征していたこの日、レジェンドにとっては大きなチャンスだったはずだが……。

「苦しい1日でしたね。5月に8回しかなかった1番人気の騎乗が、今日だけで4回。有力騎手が軒並み不在の、いわゆる“空き巣”状態で、武豊騎手にとってはまたとない稼ぎ時だったはずが結局、最終レースでなんとか一矢報いただけの結果に終わりました。

最近、調子を落としているだけに、ここは安田記念で騎乗馬がいなかった無念を晴らすような爆発を期待したんですが」(競馬記者)

 この日、阪神競馬場で騎乗した武豊騎手は、とにかく開幕週の馬場に苦しんでいた印象だ。

 2Rで3番人気のレヴィオーサに騎乗した武豊騎手は、後方で脚を溜めたものの、前がまったく止まらずに大敗……。2番人気の逃げ馬が勝ち、10番人気の2番手が2着という“典型的な開幕週”の結果ながら、15着に大敗している。

 ダート1800mの3Rこそ1番人気のウォーターラーテルで3着とまずまずの結果だったが、芝に替わった5Rの新馬戦では、騎乗したバルレッタがやや出負けしたため、無理せず後方から。結局、ハナを切ったアスコルターレが押し切り、6着に惨敗した。

 この日、最も無念だったのが、単勝1.4倍に推されたポタジェで敗れた8Rだ。

 前走、日本ダービー(G1)の出走権を懸けたプリンシパルS(L)で、クビ差の2着と接戦を演じたポタジェ。1勝クラスでは完全に格上の存在で、秋の大舞台へ負けられない一戦だった。

 中団からの競馬となったポタジェだったが、開幕週の馬場傾向を意識してか、武豊騎手も早めの進出を開始。最後の直線の入り口では、先頭集団に並び掛けるところまでポジションを上げていた。

 ところが、前を行く逃げ馬のアルサトワの脚がまったく止まらない。結局、ほとんど詰め寄ることができずに2着止まりという結果だった。

「レース運び自体は、ほとんど完璧だったと思いますよ。ただ、それ以上に逃げたアルサトワが粘り強く、さらに前が止まらない馬場が手伝った印象。

以前からポタジェの能力を高く評価していた武豊騎手としても、ここでの敗戦は完全に計算外でしょうね。結果論ですが、もう少し前々で競馬できていれば(結果は)違ったかもしれません」(別の記者)

 そんな中、最終レースを5番人気のミティルで勝ったのはレジェンドジョッキーの意地か。ライバル不在のこの日、9鞍に騎乗して4度の1番人気があった武豊騎手だったが、結局1勝に終わってしまった。

JRA安田記念「不参加」武豊“空き巣”大失敗でリーディングに暗雲!? 1番人気4度も単勝1.4倍「大器」ポタジェで痛恨の敗戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!