NEW

JRA池添謙一、安田記念制覇「10分前」にあった天啓!? 「魔女の一族」スイープトウショウの“強烈アシスト”でグランアレグリア大激走

JRA池添謙一、安田記念制覇「10分前」にあった天啓!? 「魔女の一族」スイープトウショウの強烈アシストでグランアレグリア大激走の画像1

 7日、東京競馬場で行われた安田記念(G1)は3番人気グランアレグリア(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が優勝。アーモンドアイの史上初G1・8勝を阻止する大金星を1歳年下の牝馬が成し遂げた。

 鞍上の池添謙一騎手は3コーナーで芝の塊が顔に直撃した影響で、右目を腫らした状態で勝利ジョッキーインタビューに登場。「僕の仕事はしっかりできたと思います。痛くないです。嬉しいが勝っています」と語ったが、顔の負傷は激闘を物語る勝利の勲章だろう。

 G1・26勝を誇る池添騎手だが、実は今回が安田記念初制覇。これまでの最高は2005年のスイープトウショウの2着だった。

 05年の安田記念はテレグノシスが単勝オッズ5.8倍で1番人気。5番人気までが単勝オッズ10倍を切る混戦模様だった。そんな中、スイープトウショウは前走の都大路S(OP)で5着に敗れていたこともあり、10番人気の低評価。だが、レース本番では上がり最速の末脚で追い込み、ゴール前でアサクサデンエンとの叩き合いを演じ、低評価を覆す2着に入った。

 勝ち馬との着差は、わずかクビ差。レース後、池添騎手は「一発を狙っていたのですが残念です。直線もう少し我慢したかったのですが、外から来られて動かざるを得なかったです。その分、交わし切れませんでしたね」と悔しがった。

JRA池添謙一、安田記念制覇「10分前」にあった天啓!? 「魔女の一族」スイープトウショウの“強烈アシスト”でグランアレグリア大激走のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!