NEW

JRA アーモンドアイ天皇賞・秋(G1)で「芝G1・8勝」に再挑戦!? コントレイル&デアリングタクト世代が偉業達成の前に立ちふさがる?

JRA アーモンドアイ天皇賞・秋(G1)で「芝G1・8勝」に再挑戦!? コントレイル&デアリングタクト世代が偉業達成の前に立ちふさがる?の画像1

「芝G1・8勝目」を懸けて臨んだ安田記念(G1)で2着に終わったアーモンドアイ(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)。レース後、鞍上のC.ルメール騎手は「本来の彼女ならもっといい脚を使えたと思います。コンディションは良かったのですが…」とまさかの敗戦を嘆いた。

 同馬を管理する国枝師も敗戦を受けて、「ため息しか出ない」と肩を落とした。だが悔やんでばかりもいられない。9日、国枝師はアーモンドアイの今後について「秋は昨年勝っている天皇賞・秋(G1)が目標になる」と明かしている。

 昨年の天皇賞・秋(G1)は、今回の安田記念同様、G1馬10頭が集結して史上稀に見る超豪華メンバーでの開催。そのメンバーを相手にアーモンドアイとルメール騎手は、好位追走から最後の直線ではインを突いて優勝。2着ダノンプレミアムに3馬身差をつけて“役者”の違いを見せつけていた。

 ライバルたちを歯牙にもかけない圧巻の走りで優勝しただけに、アーモンドアイが再度「芝G1・8勝目」を懸けて出走する舞台として、天皇賞・秋がうってつけだと陣営は判断したのかもしれない。

 新記録を樹立することが待ち望まれているアーモンドアイ。だが、今回の敗戦などもあり、「芝G1・8勝目」に肉薄するも届かなかった『世紀末覇王』テイエムオペラオーと同じ末路をたどるのではないか、との考えが頭をよぎった人も多いだろう。

 2000年に古馬王道G1を完全制覇したテイエムオペラオーは、アーモンドアイと同じように5歳春でG1・7勝目を達成。ところが続く、宝塚記念(G1)では単勝1.5倍の1番人気に支持されるもライバルメイショウドトウの2着に敗れてしまう。

 その後、夏をはさみ、仕切り直しの一戦となった京都大賞典(G2)こそ快勝するも、天皇賞・秋は芝とダートでそれぞれG1を勝利していた“二刀流“アグネスデジタルに1馬身差つけられて2着。ジャパンC(G1)ではその年のダービー馬ジャングルポケットにクビ差届かずまたもや2着。ラストランとなった有馬記念では、同年の菊花賞馬マンハッタンカフェから0秒2差の5着に終わり、「芝G1・8勝」を挙げることなく現役を引退している。

「テイエムオペラオーとアーモンドアイでは距離適性やタイプが違うため一概には比較することはできません。ですが、テイエムオペラオーの『芝G1・8勝』の前に立ちふさがったのは、自分よりも年少の実力馬。つまり世代交代の波に跳ね返される形で偉業を成し遂げることができませんでした。

今年も秋には春クラシックを制したコントレイルやデアリングタクトの牡牝無敗2冠コンビや、それらに肉薄したサリオスら若い世代が、古馬G1にも顔を出してくるはず。充実一途をたどる3歳馬を相手にどこまで太刀打ちできるのか。テイエムオペラオーと同じ轍を踏まなければいいのですが……」(競馬誌ライター)

 アーモンドアイには、『あの1戦を勝っていれば……』などと振り返られることのないキャリアを送ってもらいたいものなのだが……。

JRA アーモンドアイ天皇賞・秋(G1)で「芝G1・8勝」に再挑戦!? コントレイル&デアリングタクト世代が偉業達成の前に立ちふさがる?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  5. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは