NEW

JRA「サウスポー」シャドウディーヴァあえての牡馬挑戦!? エプソムC(G3)M.デムーロ騎手確保で初重賞制覇へ!

JRA「サウスポー」シャドウディーヴァあえての牡馬挑戦!? エプソムC(G3)M.デムーロ騎手確保で初重賞制覇へ!の画像1
シャドウディーヴァ JBISサーチより

 14日、東京競馬場で行なわれるエプソムC(G3)に、シャドウディーヴァ(牝4歳、美浦・斎藤誠厩舎)が出走してくる。今週は阪神競馬場で牝馬限定戦のマーメイドS(G3)があるにもかかわらず、陣営は牡馬の戦いを選択した。

「その理由は、シャドウディーヴァの競走成績にあります。東京競馬場とそれ以外の競馬場とに成績を分けてみると、東京【1.4.1.2】、他場【1.0.0.5】で、典型的な東京巧者だとわかります。右回りはささる癖があって、左回りの方が明らかにいいタイプ。エプソムCを選択するのも納得で、勝算もあってのことではないでしょうか」(競馬記者)

 前走のヴィクトリアマイルでは、得意の東京コースながら10着に大敗。無論、アーモンドアイらメンバーが強かったところは認めざるを得ないが、陣営は「流れに乗れなくて、ゴチャつくところもあった」と不完全燃焼を強調。2月の東京新聞杯(G3)で、昨年のヴィクトリアマイル2着馬プリモシーンの半馬身に食い下がった実績が光る。

 この春、主戦の岩田康誠騎手が怪我で離脱し、池添謙一騎手にスイッチ。今回はM.デムーロ騎手が初騎乗することになった。実は、このデムーロ騎手にスイッチすることが、シャドウディーヴァには大いにプラスになりそうだという。

「これまでシャドウディーヴァには馬体がまだ緩いところもあり、陣営は余計な消耗を避けてリズムよく走ることを求めてきました。昨年の秋華賞は4着に入りましたが、事前に松山弘平騎手と斎藤誠調教師は、位置取りは気にせずにリズム重視でいくことを話し合っていたほどです。

馬体が締まってきた今年も、東京新聞杯で岩田康騎手は、後方でインを取って直線までジッと動かずに、馬のリズムを大事に乗り、直線弾けて2着となりました」(同)

 経験豊富でベテランの域に入ってきたデムーロ騎手だけに、今回の騎乗は適任であると言えるだろう。今年はG1を2勝しているが、その一つ、NHKマイルカップのラウダシオンも心身の成長が待たれていた馬であり、リズム良くレースを運び、結果を出してみせた。

 ここで東京巧者のシャドウディーヴァが結果を出せば、秋のG1が見えてくる大事な一戦で、デムーロ騎手も腕をアピールしておきたいところだ。

JRA「サウスポー」シャドウディーヴァあえての牡馬挑戦!? エプソムC(G3)M.デムーロ騎手確保で初重賞制覇へ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!