NEW

パチンコ「怪しい連チャン」を生み出す!?「多様性や懐の深さ」を示す価値あるシリーズ機!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ「怪しい連チャン」を生み出す!?「多様性や懐の深さ」を示す価値あるシリーズ機!!の画像1

 10年ひと昔なんてことを申しまして、10年前は何があったかなんていうと、サッカーのワールドカップで日本が大盛りあがりして。大会前は調子が上がらず今回はダメと期待されていなかった分、予想を覆す快進撃でグループリーグ突破を達成した岡田JPAN。「本田△」なんていう流行語も生まれたのである。

 流行語といえば、即興なぞかけを得意とするお笑い芸人の決め台詞「整いました」も流行ったのだが、今ここにきてまた「整う」という言葉が浸透しているのも不思議な縁である。どちらも「なぞかけ」と「サウナ」という地味で渋めなカテゴリーが注目されるのが興味深いところ。

 この「地味」で「渋め」が人気を集めることがまれに発生するのだが、パチンコにおけるこの分野の第一人者が『J-RUSH』である。

 アレパチを思わせる盤面構成。極小の表示領域。釘多数。よくわからないデザインのセル。見るからに現代パチンコの文脈から外れた異質な機種が、高年者層の圧倒的支持を受け2010年から2018年までの間にシリーズが第4弾までリリースされたのである。

 シリーズを通して基本的なスタイルに一切の変化はなく、時々の規則によって多少のスペック的上下動が起こらざるを得なかったものの、通底するフィロソフィーはまったくぶれずに時代を進んでいった硬派なマシンといえよう。

 同じように年配者に愛される『海物語』のようにシンプルで明快、それこそ輝く海のような陽気なイメージではなく、昭和のパチンコ然とした、いい意味でのいかがわしさや背徳感が漂う玄人好みの一台である。

 本機は次回まで継続するループ確変でありながら、電サポ回数に制限があり、電サポが終了すると潜伏する仕様で、これが外面上の「怪しい連チャン」を生み出し、パチンコをディープに愛しているファンの嗜好に刺さるのである。

パチンコ「怪しい連チャン」を生み出す!?「多様性や懐の深さ」を示す価値あるシリーズ機!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!