NEW

JRA武豊「超大物フランケル産駒」で“旋風”再び!? 「16冠ベビー」ソウルスターリング女王君臨から3年

JRA「武豊×超大物フランケル産駒」で旋風再び!? 「16冠ベビー」ソウルスターリング女王君臨から3年の画像1

 2016年、「16冠ベビー」として日本だけでなく、世界的な注目を浴びてデビューした超良血馬がいた。母に仏オークス馬を持つソウルスターリングだ。

 ソウルスターリングが異常な注目を集めたのは、なんといっても14戦14勝と無敗のままG1を10勝し「21世紀最強馬」とまで言われたフランケルの初年度産駒だったからだ。

 単勝1.7倍でデビュー戦を飾ると、3連勝で阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)を制して2歳女王に輝くなど、その期待に違わぬ走りを披露したソウルスターリング。翌年にはオークス(G1)を勝って世代の頂点に立ち、日本に「フランケル旋風」を巻き起こした。

 あれから3年。日本に再びフランケルの“高波”が押し寄せるかもしれない。デビューを控える今年の2歳馬には、良質なフランケル産駒が数多くスタンバイしているという。

「ソウルスターリングの快進撃だけでなく、ミスエルテがファンタジーS(G3)を圧勝して、朝日杯フューチュリティS(G1)で牡馬相手に1番人気に推されるなど、当時のフランケル産駒には底知れない魅力がありました。

あれから2頭が頭打ちになって、日本におけるフランケル産駒の評価が落ち着きましたが、海外では英チャンピオンS(G1)を連覇したクラックスマンが世界トップ評価を受けた他、アナプルナが英オークス(G1)を勝つなど、種牡馬として確固たる地位を築いています。

日本でも初年度産駒のモズアスコットが今年のフェブラリーS(G1)を勝つなど、再び評価を上げていますよね。今年、日本で走る2歳馬のフランケル産駒は全体的にレベルが高そうで、楽しみな馬が多い印象です」(競馬記者)

 中でも特に話題を集めているのは、母にベルモントオークス(G1)を勝ったミノレットを母に持つマッチレスギフト(牝2歳、栗東・松永幹夫厩舎)だ。

JRA武豊「超大物フランケル産駒」で“旋風”再び!? 「16冠ベビー」ソウルスターリング女王君臨から3年のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!