NEW

JRAディープインパクト「大偉業」はグランアレグリア次第!? サンデーサイレンス超えには今秋が重要な理由

【この記事のキーワード】

,

JRAディープインパクト「大偉業」はグランアレグリア次第!? サンデーサイレンス超えには今秋が重要な理由の画像1

 先週日曜に行われた安田記念(G1)は3番人気グランアレグリア(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が制した。史上初の芝G1・8勝を目論むアーモンドアイを見事に阻止しての勝利となった。

 レース後、池添謙一騎手は「本当によく頑張ってくれたと思います。チャンスがあるならこの馬にずっと乗っていたいと思う」とコメント。グランアレグリアを称え、今後の騎乗にも意欲を見せた。

 グランアレグリアは今週中にノーザンファーム天栄へ放牧に出される予定となっている。藤沢調教師は「今後のことはオーナーサイドと相談します」と次走の明言を避けたが、サンデーレーシングの吉田俊介代表は「今秋は1200から1600メートルのレースを考えています」とコメントしている。

 当初、今春のグランアレグリアは高松宮記念(G1)、ヴィクトリアマイル(G1)、安田記念というローテーションを予定していたが、ヴィクトリアマイルを発熱の影響で回避。3戦の予定が2戦となってしまった。また、昨年は年間3戦という少ない出走数で終えていることからも、今秋も多くて3戦するかどうかといったところだろう。これらを考慮すると、秋はスプリンターズS(G1)とマイルCS(G1)が最大目標になりそうだ。

 そうなるとグランアレグリアが父ディープインパクトの「偉業達成」の最後の望みかもしれない。

 昨年、他界したディープインパクトは言わずと知れた名種牡馬である。昨年には8年連続リーディングサイヤーに輝き、産駒によるJRA通算2000勝を史上最速で達成するなど、これまでに数々の記録を打ち立ててきた。

 そんなディープインパクトに達成まであと一歩の記録が、産駒による芝G1完全制覇。数々のG1レースを制しているが、ともに1200mの高松宮記念(G1)とスプリンターズSだけ勝利していないのだ。

「ディープインパクト産駒はマイル以上の距離を中心に活躍しています。グランアレグリアの他には、過去にマイルG1馬のミッキーアイルが高松宮記念とスプリンターズSで2着になったのが最高で、短距離G1馬を輩出していません。芝G1完全制覇するためには、残された産駒からG1級の短距離馬が誕生する可能性よりも、グランアレグリアの短距離G1勝利に期待する方が現実的ですね」(競馬記者)

 ちなみにディープインパクトの父サンデーサイレンスの産駒は短距離G1を制覇している。しかし、芝G1ではNHKマイルC(G1)だけ制することができず、完全制覇とならなかった。

 また、グランアレグリアはクラブ規約で6歳3月が引退期限となっている。そのため、スプリンターズSと高松宮記念に挑戦できるのは最大でも各2回。チャンスを最大限に活かして欲しいものだ。

 偉大なる父サンデーサイレンスが成し得なかった偉業をディープインパクトが達成するには、グランアレグリアの秋のレース選択が大きく左右することになりそうだ。

JRAディープインパクト「大偉業」はグランアレグリア次第!? サンデーサイレンス超えには今秋が重要な理由のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!