NEW

JRAノーザンファームを食い止めたマイネル軍団! 「ウイン&ノルマンディー」躍進の陰で、元祖は泥沼「121戦2勝」

【この記事のキーワード】, ,
JRAノーザンファームを食い止めたマイネル軍団! 「ウイン&ノルマンディー」躍進の陰で、元祖は泥沼「121戦2勝」の画像1
デアリングタクト JBISサーチより

 JRAでは先週から2歳新馬戦が始まり、来年のクラシックに向けた戦いが幕を開けた。

 今年のクラシック路線を振り返ると、非社台系の活躍が目立った。牡馬路線ではノースヒルズのコントレイルが圧倒的な強さで無敗の2冠を達成。一方、牝馬路線では「マイネル軍団」の活躍が光った。

 桜花賞とオークスを制したのはノルマンディーサラブレッドRが所有するデアリングタクト。63年ぶり2頭目となる無敗での牝馬2冠を達成した。他にも「マイネル軍団」の総帥こと岡田繁幸氏が所有するスマイルカナが桜花賞で3着に逃げ粘り、オークスでは、ウインRが所有するウインマリリンとウインマイティーがそれぞれ2、3着に入った。

 一方で苦戦を強いられたのが、元祖「マイネル軍団」の一口馬主クラブ「サラブレッドクラブ・ラフィアン」が所有する3歳牝馬たちだ。牝馬クラシック路線に乗った馬は皆無で、この世代の牝馬はJRAで25頭がデビューしたが、勝ち上がったのは2頭だけ。その成績は121戦2勝、勝率は実に1.7%という信じがたい不振だった。

 他の「マイネル軍団」と比較しても、その差は一目瞭然だ。

【主なマイネル軍団の3歳牝馬成績、6月7日時点】
 ラフィアン/121戦2勝(デビュー25頭、勝ち上がり2頭)
 岡田繁幸氏/38戦5勝(デビュー5頭、勝ち上がり3頭)
 ウインR/58戦8勝(デビュー10頭、勝ち上がり4頭)
 ノルマンディーTR/73戦8勝(デビュー18頭、勝ち上がり5頭)

“新興勢力”のウインRとノルマンディーTRは勝ち上がり率も上々。岡田繁幸氏の個人所有馬に至っては、デビュー僅か5頭だけで「ラフィアン」の2頭を上回る3頭が勝ち上がった。「マイネル軍団」の新興勢力が躍進したことが、かえって「ラフィアン」3歳牝馬の苦戦を際立たせてしまうという皮肉な結果になったともいえるだろう。

「ラフィアン」にとって、今年の3歳世代の牝馬は“大失敗”に終わったが、これから迎える夏競馬は「マイネル軍団」、特に「ラフィアン」にとっては最も得意とする時期であり、稼ぎ時でもある。所有馬の過去10年の季節別成績を比べても、夏競馬での強さは際立っている。

【サラブレッドクラブ・ラフィアンの季節別成績、2010年以降(左から勝率/連対率/複勝率)】
 春競馬 6.0%/13.2%/21.2%
 夏競馬 7.9%/17.3%/25.7%
 秋競馬 5.4%/11.1%/18.1%

 夏競馬での成績が最も良いことがお分かりになるだろう。前述したとおり、「ラフィアン」の今年の3歳牝馬は2頭しか勝ち上がっていないが、得意の夏の間に巻き返しを図ることはできるのか。また、今年デビューする2歳馬の活躍にも期待がかかる。

 気温の上昇とともに元祖「マイネル軍団」として意地を見せてほしいところだ。

JRAノーザンファームを食い止めたマイネル軍団! 「ウイン&ノルマンディー」躍進の陰で、元祖は泥沼「121戦2勝」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?