NEW

JRA・C.ルメールも惚れる「モーリス2世」レガトゥスいよいよデビュー! 「雄大な馬体とパワフルな走り」継承も、完成度はすでに古馬の領域

【この記事のキーワード】

, , ,

JRA・C.ルメールも惚れる「モーリス2世」レガトゥスいよいよデビュー! 「雄大な馬体とパワフルな走り」継承も、完成度はすでに古馬の領域の画像1

 先週の新馬戦開幕週で、名牝ブエナビスタの仔として注目されたブエナベントゥーラが2着に敗れるなど、“初勝利”はお預けだった新種牡馬モーリス。だが、サートゥルナーリアの半弟として期待されるルペルカーリアなど期待の良血馬が控えており、反撃の態勢は十分だ。

 そんな中、父の初勝利を期待されているのが、14日にデビュー戦(東京・芝1800m)を迎えるレガトゥス(牡2歳、美浦・木村哲也厩舎)である。

 半姉のスカイグルーヴは、今年の京成杯(G3)で牡馬相手に2着すると、フローラS(G2)では単勝2.1倍の1番人気に推されたほどの逸材。残念ながら、春のクラシック出走は叶わなかったが、6月デビューという「エリート街道」を進む弟には姉以上の期待が懸かる。

「姉のスカイグルーヴは小柄でしたが、弟のレガトゥスは現時点で500kgを軽く超える雄大な馬体の持ち主で、パワフルなフットワーク。いかにも『モーリス』といった感じの馬です。

モーリス産駒には、こういった父の特徴が色濃く出ている馬が目立っているので、『新種牡馬モーリス』を測る上でレガトゥスは絶好の素材。注目している関係者も多いようですね」(競馬記者)

 2015年の年度代表馬に輝いたモーリスも現役時代は500kgを超える馬体で、ディープインパクト産駒のような「切れる」というよりは、パワー溢れる走りで相手をねじ伏せてきた馬。レガトゥスも、そういった父の特徴を受け継いでいるという。

「モーリスとの違いは完成度の高さですね。父の若い頃は幼さや馬体の脆さがありましたが、レガトゥスは育成牧場の時から『古馬みたい』『最初からいい馬』という評価を受け、調教をバリバリこなしていたエリート。(木村)厩舎へ入厩してからも順調で、もう古馬のオープン馬と併せ馬をやっていますよ」(同)

 記者が話す通り、美浦のWコースで行った1週前追い切りでは、昨年の新潟大賞典(G3)3着の実績があるロシュフォール(牡5歳)と併せ馬。6ハロン82.6秒、ラスト11.7秒で互角の動きを披露している。

 これにはレースで騎乗予定のC.ルメール騎手も「いい感じ。直線で併せた時はよく動いたね」と期待を膨らませており、最終追い切りも3頭併せ馬を行うなど、デビュー戦から必勝態勢を築きつつある。

「今週の東京・芝1800mの新馬戦は昨年、ワーケアが勝ち上がった舞台。ルメール騎手とのコンビで後にホープフルS(G1)3着、弥生賞(ディープインパクト記念、G2)2着と活躍して、日本ダービー(G1)でも3番人気に推された馬。

レガトゥスもルメール騎手が『エンジンが掛かるのに時間がかかりそう』と話していただけに、直線の長い東京はいいと思いますし、ワーケア以上の活躍が期待されます」(別の記者)

 先週は雨が残る状態でレースが行われ、今週も週末は天気が崩れそうな東京競馬場。父譲りのパワフルな走りで大物レガトゥスが初陣を飾るか。

JRA・C.ルメールも惚れる「モーリス2世」レガトゥスいよいよデビュー! 「雄大な馬体とパワフルな走り」継承も、完成度はすでに古馬の領域のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!