NEW

JRAマーメイドS(G3)「雨予報」で藤田菜七子が急浮上!? 12年ぶりの極悪馬場決戦「193万馬券」が飛び出した大波乱再び

【この記事のキーワード】

, ,

JRAマーメイドS(G3)「雨予報」で藤田菜七子が急浮上!? 12年ぶりの極悪馬場決戦「193万馬券」が飛び出した大波乱再びの画像1

 14日、阪神競馬場でハンデ重賞・マーメイドS(G3)が開催される。

 昨年は5番人気以下の決着で、3連単39万1310円の高額配当が飛び出したように、過去10年の3連単の平均配当は18万円超えの荒れるレースだ。

 荒れる要因として、格上挑戦の軽ハンデ馬の激走が挙げられる。実際に、昨年の1着サラス、2着レッドランディーニはともに自己条件3勝クラスながら、51キロというハンデの恩恵を受けて好走している。

 また、レース開催時期が雨季にあたるため、馬場状態も影響していると思われるかもしれないが、実はここ10年のマーメイドSはすべて良馬場開催。単純にハンデを考慮した力関係を読み解くのが難解なレースということになる。

 だが、今年は状況が大きく異なりそうだ。10日に近畿地方の梅雨入りが発表され、週中からすでに雨が降っており、週末も雨予報。今年のマーメイドSは良馬場での開催はまずないと考えられる。

 そこで、直近の重馬場で行われた2008年のマーメイドSを振り返ってみたい。

 この年、1番人気に推されたのは前年のオークス(G1)で2着だったベッラレイア。だが、道悪とトップハンデ56キロが災いし5着に敗れた。優勝したのは最軽量ハンデ馬トーホウシャインだった。

 これまで自己条件の2勝クラスで7走するも、1度も馬券に絡むことはなかったトーホウシャイン。そのため、格上挑戦の重賞ということで12番人気の低評価だった。だが、見逃してはならない点がハンデ以外にある。それが1勝クラスを勝ち上がったのが「重馬場」のレースだったことだ。

 また2着に入ったのは、斤量52キロで10番人気のピースオブラヴ。近2走が2桁着順のため人気薄だったが、地方からの再転入馬でダートの好走実績があり、重い馬場を得意としていた。

 人気薄でレースが決まったため、3連単が193万350円、馬連でも7万4000円という高額配当が飛び出した。この波乱の使者2頭に共通するのは「軽ハンデ」かつ「道悪巧者」という点である。今年のマーメイドSを照らし合わせると浮上する馬がいるので注目いただきたい。

JRAマーメイドS(G3)「雨予報」で藤田菜七子が急浮上!? 12年ぶりの極悪馬場決戦「193万馬券」が飛び出した大波乱再びのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!