NEW

JRA 「前例」佐々木希の“誕生日馬券”を信じると泣く羽目に? マーメイドS(G3)波乱決着の「サイン」はアンジャッシュ・渡部建の……

 今週末は、昨年39万馬券、一昨年も26万馬券が飛び出し、3年連続の波乱の決着も期待されるマーメイドS(G3)が開催される。

 高額配当をゲットするためには、激走する人気薄の馬を選ばなければならない。だが、それがいかに難解なことかは競馬を嗜む者ならば、誰もが承知していることだ。そんな時にこそ役に立つのが、「競馬の理」に縛られないサイン馬券だ。

 サイン馬券といえば、近日、話題のトピックと連動することが多い。今週それに当たるのは「週刊文春」(文藝春秋社)にすっぱ抜かれたアンジャッシュ・渡部建の「テイクアウト不倫」だろう。

 記事によれば、渡部は佐々木希と結婚しているが、複数の女性と不貞行為を繰り返していたという。ときに多目的トイレでもことに及んだとも伝えられており、呆れるばかりだ。渡部は、このことが掲載された「週刊文春」発売日よりもはやくに芸能活動自粛を発表するなど、“火消し“に走ったものの、その効果はなく大炎上……今週どころか、2020年トップクラスの衝撃をもたらした芸能ニュースとして年末に振り返られそうなほど、高い火柱が上がっている。

 今週末はエプソムC(G3)も開催されるが、やはり女性問題ということもあり、牝馬限定ハンデ重賞のマーメイドSを暗示していると見たほうが自然だろう。

 渡部の妻である佐々木といえば、サイン馬券の使者となった前例がある。16年12月のチャンピオンズC(G1)に、佐々木は表彰式の「プレゼンター」として登場。レースに華を添えていた。

 この日は6番人気の8番サウンドトゥルーが優勝し、2着に2番アウォーディーで決着したのだが、奇しくも佐々木の誕生日は2月8日。しかも彼女はこの年に「28歳」を迎えていた。レース後、『馬単裏表で的中できた』と一部で話題になったのは言うまでもない。

 そのため、今回も2番サトノワルキューレ、8番リープフラウミルヒは馬単裏表で抑えておいてもいいはずだ。ただ前回は勝利の女神となった佐々木だが、今回は現在、涙に暮れているとも考えられるので、信じすぎるとこちらも泣く羽目になるかもしれない。

 騒動の主役・渡部は児嶋一哉とアンジャッシュを結成している。このコンビのブレイクのきっかけとなったのは『エンタの神様』(日本テレビ系)だ。渡部は『エンタの神様 2018春SP(仮)』の収録後に『マイナビニュース』の取材に応じ、この番組は「自分にとって『全てですね』」と語り、「この番組で世の皆さまに認知していただいて、ご飯も食べられるようになって」などと感謝の言葉を口にしている。

 この番組のプロデューサーを務めているのが、日本テレビの五味一男氏だ。ここは5番フィリアプーラと、1番リュヌルージュの「エンタ五味馬券」は抑えておきたいところ。最内枠に入ったリュヌルージュと団野大成騎手は今年の中山牝馬S(G3)で14番人気ながら2着と激走もしている。上位に来てもおかしくはない。

 さて、今年はどんな決着が待ち受けているのか。

JRA 「前例」佐々木希の“誕生日馬券”を信じると泣く羽目に? マーメイドS(G3)波乱決着の「サイン」はアンジャッシュ・渡部建の……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!