NEW

JRA“好調”福永祐一は「消し」! “大波乱必至”マーメイドS(G3)は「マル秘」激走馬がレースのカギ!? 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!

JRA好調福永祐一は「消し」! 大波乱必至マーメイドS(G3)は「マル秘」激走馬がレースのカギ!? 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!の画像1

 14日、阪神競馬場でマーメイドS(G3)が開催される。過去10年のうち7回、3連単が10万馬券超えをしている波乱のハンデ重賞だ。さらに今年は馬場が渋ることが予想されるため、より難解なレースとなるだろう。今回、「強力現場ネタ」からマーメイドSをハナビ杉崎が攻略する。

 まず「◎」はレッドアネモス(牝4歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 前走の福島牝馬S(G3)では1コーナーで進路が狭くなり、位置取りを下げたことが響いての6着。最終追い切りではワグネリアンと併入する抜群の動きを見せている。初の重賞勝利に期待したい。

「前走は1コーナーから向正面にかけてスムーズさを欠いたのが敗因です。あれは度外視してください。調教では余裕のある動きでいい気配です。道悪を苦にしないタイプなので、スムーズな競馬さえできれば勝ち負けに加われそうです」(厩舎関係者)

 今回、手綱を取る北村友一騎手とは約1年ぶりのコンビ復活。最後にレッドアネモスが勝利した白百合S(L)の鞍上に戻るのが何よりも心強い。

 つぎに「〇」はリュヌルージュ(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)だ。

 2走前の中山牝馬S(G3)では14番人気ながら2着に入り、波乱の立役者となった。この時の馬場状態は不良。マーメイドSも馬場状態が悪くなることを想定すると、再度の激走に期待できるだろう。

「前走の福島牝馬S(G3)はスタートがイマイチで、そこからポジションを取りに行った分、脚がたまらず8着に敗れました。レース後の状態も良さそうですし、陣営も『自分のリズムで運べればチャンスはある』と自信ありげですよ」(競馬記者)

 中山牝馬Sから斤量が3キロ増えるが、今回の相手関係を考えれば問題ないだろう。

JRA“好調”福永祐一は「消し」! “大波乱必至”マーメイドS(G3)は「マル秘」激走馬がレースのカギ!? 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!