NEW

JRA前日「落馬事故」の加害者VS被害者が“因縁”の叩き合い!? 「142万馬券」演出の400mに及ぶ壮絶なマッチレースを制したのは……

【この記事のキーワード】, ,

JRA前日「落馬事故」の加害者VS被害者が因縁の叩き合い!? 「142万馬券」演出の400mに及ぶ壮絶なマッチレースを制したのは……の画像1

 約400mに及ぶ因縁の叩き合いは“加害者”に軍配が上がった。

 14日、東京競馬場で行われた4R(3歳未勝利)は武藤雅騎手のビートザウイングス(セン3歳、美浦・手塚貴久厩舎)が、伊藤工真騎手のラッキービープランをクビ差退けて優勝。貴重な初勝利を挙げた。

 前日から雨が降り続き、不良馬場で行われたこの日の東京競馬。良馬場で結果を残してきた人気馬がいとも簡単に敗れる特殊な状況の中、16頭立ての芝2000mで行われたこのレースも最後は9番人気と13番人気の叩き合いとなった。

 最後の直線を迎え、逃げ粘るボンバーミューラーを2番手から追撃する伊藤騎手のラッキービープラン。そこに外から馬体を併せてきたのが、武藤騎手のビートザウイングスだ。

 残り400mを通過したところでボンバーミューラーが脱落すると、2頭のマッチレースとなった。今年、わずか2勝でリーディング108位(以下、13日現在)に苦しむ伊藤騎手と、17勝でリーディング32位の武藤騎手との叩き合い。貴重な「1勝」へ、どちらも譲れないのは当然だ。

 残り200mを切って、まず前に出たのは伊藤騎手だった。しかし、武藤騎手が激しく食い下がると、最後はねじ伏せるようにクビ差だけ前に出た。約400mに及ぶ、壮絶な死闘は三連単142万馬券を演出した。

 実はこの2人、前日からの「因縁の間柄」だったという。

JRA前日「落馬事故」の加害者VS被害者が“因縁”の叩き合い!? 「142万馬券」演出の400mに及ぶ壮絶なマッチレースを制したのは……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  6. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  10. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち